chemist-man'sさんの資料 / フォルダ :: 化学系実験レポート

資料:86件

  • 物質と科学 レアメタル
  • 物質と科学 ~レアメタル~ 生体はたんぱく質や核酸などを生命活動に利用している。金属元素は生体にとって必須微量成分のひとつであり、鉄、銅、亜鉛、コバルトなどは生命活動や健康と密接な役割をもつことが知られている。生体内における一般的な金属イオン(FeやZn等)を講義で紹...
  • 550 販売中 2010/12/03
  • 閲覧(2,456)
  • ルミノールと色素(オレンジⅡ・メチルオレンジ)の合成
  • (1)ルミノールと(2)色素(オレンジⅡ・メチルオレンジ)の合成 目的 3-ニトロフタル酸にヒドラジン水溶液や亜ジチオン酸ナトリウムを作用させて、ルミノールを合成する。さらに、合成したルミノールを実際に発光させて、化学発光について理解を深める。 方法 教科書 Ⅳ-45~Ⅳ-...
  • 990 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(7,859)
  • アルドール縮合によるジベンザルアセトンの合成
  • アルドール縮合によるジベンザルアセトンの合成 1.目的 ベンズアルデヒドとアセトンを用いて、アルドール縮合によりジベンザルアセトンを合成する。また、その過程を通してC-C形成反応と再結晶について学ぶとともに、有機合成実験全体を通して、融点測定法を...
  • 990 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(21,332)
  • 1,2-ジフェニルアセチレン-多段階合成
  • 1,2-ジフェニルアセチレン-多段階合成 2分子のベンズアルデヒドを、チアミンによるシアン化物イオン存在下で互いに縮合させ、ベンゾインを合成する。(この反応をベンゾイン縮合という。)また、その過程を通してC-C形成反応と極性反転について学ぶ。教科書において基礎的な内...
  • 990 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(5,481)
  • 比色法によるFe(Ⅱ)イオンの定量レポート
  • 比色法によるFe(Ⅱ)イオンの定量レポート 1.目的 液体試料中の無機成分の定量分析(光分析:比色分析)を通じて、化学定量実験の基礎知識、基礎技術を学ぶ。 ここでは、基本定量操作(溶液中の鉄イオン濃度の比色定量)を通じて以下のことを学ぶ。 一般的に広く用いられている比...
  • 770 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(7,297)
  • 薄層クロマトグラフィーによる未知試料混合物の分析と抽出
  • 薄層クロマトグラフィーによる未知試料混合物の分析と抽出 目的 実際の研究で広く使用されているシリカゲルTLCプレートを用いてクロマトグラフィーを行い、未知試料を分析する。また、クロマトグラフィーの原理を理解する。 材料および方法 プリントにしたがって行った。 ただし、...
  • 990 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(4,754)
  • 固体試料中の金属イオンの定量
  • 固体試料中の金属イオンの定量 目的 土壌中の交換性陽イオンを多量のNH4+イオンにより置換溶出し、原子吸光光度法によりCa2+を、炎光光度法によりK+を定量する。 炎光光度法の原理を述べる。金属イオンを含む溶液を高温炎中に噴霧すると、金属塩は熱分解して原子...
  • 880 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(1,720)
  • ピペット操作と中和滴定
  • ピペット操作と中和滴定 目的 酢に含まれる酢酸濃度を測定するために、シュウ酸溶液を用いて水酸化ナトリウム溶液の力価を測定し、その水酸化ナトリウム溶液を用いて酢酸の濃度を測る。 マイクロピペッターで如何に正確に水を量りとることが出来るかを体験する。 2、材料および方...
  • 550 販売中 2010/11/16
  • 閲覧(1,751)
  • 導電性高分子ポリアニリンの合成および電気的性質
  • 導電性高分子ポリアニリンの合成および電気的性質 <実験目的> この実験を行う上で重要な重合合成法がある。それは電解重合である。適当な溶媒にモノマーと支持電解質を溶解させ、電極に電圧を印加することで電極表面上にポリマーを生成させる重合法のこと。多くのπ共役導電性ポ...
  • 880 販売中 2010/11/11
  • 閲覧(4,468)
  • 高吸水性樹脂の合成
  • 高吸水性樹脂の合成 1 実験の目的 高い吸水性を示すポリマーの有効な利用方法として、湿度が高くなりがちなブーツなどの中敷きに吸水性ポリマーを仕込むことで、不快感を軽減させることができるのではないかと考えた。 本実験では(I)ポリマーの強度、(II)ポリマーの吸水性、(...
  • 880 販売中 2010/11/11
  • 閲覧(1,511)
  • スチレンとメタクリル酸メチルの共重合
  • スチレンとメタクリル酸メチルの共重合 <実験目的> スチレンとメタクリル酸メチルの共重合実験から反応性比を求める。また、これらの実験操作を通じてラジカル重合法及び基本的な実験操作について学習することを目的とする。 ここで共重合を考える。M1とM2の境重合を考えると、...
  • 880 販売中 2010/11/11
  • 閲覧(2,127)
  • ゲルを用いた吸湿性ポリマーの作成
  • ゲルを用いた吸湿性ポリマーの作成 <実験目的> ブーツなど、ゴム皮製品は他の履物に比べて非常に蒸れやすく、様々な問題が起こりやすい。大量の水分を吸収し、内部に蓄えることができる実用的なゲルを中敷き仕込むことでこの問題を解決することができるのではないかと考えた。 ゲ...
  • 880 販売中 2010/11/11
  • 閲覧(757)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?