連関資料 :: 教育相談の研究

資料:369件

  • 教育相談研究
  • 『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』 まず、カウンセリングとはそもそもどのようなことを指すのかをまとめたい。カウンセリングとは、日常生活の中で様々な問題にぶつかった時にその人が心を整理し、どのように問題解決していくかを見つけ出す援助を非日常的な場面を作ってでも行うということである。自分で乗り越えられる問題ならいいのだが、『心を整理できなくなった』、『何がなんだかわからなくなった』といった状態は援助が必要なので、日常から見ると外部の人間であるカウンセラーが非日常的な空間を作って、具体的には面接を行い、その人が日常生活を送れるようにする作業である。そして専門のカウンセラーは、心理学の諸理論を学び、それに基づいたカウンセリングの諸理論、つまり人をサポートするための方法を学んでいるのだ。カウンセラーは治療を行う精神科医とは違い、あくまで援助に徹するものである。
  • 教育相談研究 カウンセリング 心理 不登校 佛大 学校カウンセリング カウンセリング意義 counseling
  • 660 販売中 2008/06/30
  • 閲覧(1,259)
  • 教育相談研究
  • 第1設題 教師が行う教育相談(学校カウンセリング)のあり方(進め方)について述べなさい。 教育相談とは、未完成の子どもの人格をバランスよく保ちながら発達を援助することである。  現在、教育相談は問題や困難を抱えた生徒に対してカウンセリングによって問題解決を図り、心のケアを行うことだと考える者が多い。実際その教育相談の多くは、教育相談室で行われている現状である。 (ここのつながりが今ひとつ不自然) しかしながら、生徒と関わりあう時間が長い教師は、普段の生活の中でカウンセリングの技法を用いて生徒に問題解決能力を身につけさせることが必要なのである。 カウンセリングの応答技法として必要な3つの視点を挙げる。
  • レポート 教育学 心理学 人事管理 教育相談
  • 550 販売中 2006/02/09
  • 閲覧(1,062)
  • 教育相談研究
  • 学校カウンセリングの意義、方法および今後の 課題について述べなさい。 はじめに  “学校カウンセリング”とは、よく使われる言葉であるが、しかし一体これはどういう意味であるか。一般的に考えれば、「学校で行われるカウンセリング」というように理解できるが、では「誰が」行うのか?いつ始まったのかについて少し考えてみたい。 テキスト第2章によると、学校カウンセリングという制度を発展させるきっかけとなったのは1995年度からスタートした文部省のスクールカウンセラー授業であり、 学校において教師が行うカウンセリングを教師カウンセリングといい、スクールカウンセラーの行うカウンセリングをスクールカウンセリングという。 学校カウンセリング(教育相談)と成人対象の一般カウンセリングにはどのような違いがあるのか、テキスト「学校カウンセリング入門」を参考にして、以下にまとめていく。 一般カウンセリングと学校カウンセリング カウンセリングには大きく分けて2種類あり、一つは“治療的カウンセリング”であり、もう一つは多くの場合学校で行われる“発達援助的カウンセリング”である。  われわれ大人は自分にとっていやなことで
  • 佛教大学 レポート 教育相談の研究 A評価
  • 1,100 販売中 2009/05/28
  • 閲覧(1,662)
  • 教育相談研究
  • 「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい」   現在の学校現場の状況は不登校、いじめ、非行などの子どもの行動が問題として取り上げられている。これらの問題に対して、教育的な関わりのみではなく、カウンセリング的関わりの重要性がさけばれ、学校におけるカウンセリングの必要性が強調されてきた。より深い生徒理解や援助の方法が必要になり、カウンセリング的な理論や技法の必要性がますます高まっていると考えられる。それにより、教師のカウンセリング能力の向上、また専門の資格(臨床心理士)を持ったスクールカウンセラーが必要になってきている。 カウンセリングには大きく分けて二種類ある。一つは治療的カウンセリングであり、もう一つは発達援助的カウンセリングである。  発達援助的カウンセリングは、開発的カウンセリングということができる。このカウンセリングは治療が目的ではなく、子どもの人格がバランスよく発達を遂げるように援助することが目標である。それゆえ、学校カウンセリングといえば、多くの場合、この発達援助的カウンセリングをさす場合が多い。 「教育とカウンセリング」という領域はこれから開拓され
  • カウンセリング 小学校 子ども 学校 教師 発達 生徒指導 心理 指導 健康
  • 550 販売中 2009/05/11
  • 閲覧(1,471)
  • 教育相談研究
  • 学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。  カウンセリングとは、心の問題や悩みなどの相談を専門とする分野である。この分野においては、実際、それ程昔の事ではなく、現在より45年位前に成立し、発展してきた。中でも「新しい学校カウンセリングとは、どういうことであるか」を考察したい。  学校カウンセリングとは単に「学校で行われるカウンセリング」よりもっと深い所にあり、今までのカウンセリングの枠を越えた新しい世界が広がっている。新しい学校カウンセリングという世界を切り開いて発展させた発端となったのは、1995年(平成7年)からスタートした文部省の「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」である。この事業により、学校カウンセラーは誰がどういう手段で行うのかという視点から、2つのカウンセリングに分けられたのである。1つ目は教師が行う「教師カウンセリング」であり、2つ目はスクールカウンセラーが行う「スクールカウンセリング」である。  まず「教師カウンセラー」について述べたいと思う。定義として長坂正文氏は「教師カウンセラーは、ある程度の研修を受け、その専門性を意識しており、実
  • 環境 カウンセリング 子ども 教師 学校 発達 心理 教育相談 クール 問題
  • 550 販売中 2009/02/03
  • 閲覧(1,410)
  • 教育相談研究
  • 学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。  近年、学校教育の現場では、単に児童・生徒に勉強を教えるだけに済まず、教師自身がなんらかの生徒との関係を作り、理解を深めていることなしには、教えること、授業そのものが成り立たなくなりつつある。その背景には、社会が複雑化するにつれて、教育の問題が学校、家庭、社会を問わず大きくなり深刻化するようになってきたことがある。教師による教育相談の担う役割も増して、生徒に対するカウンセリング的な対応が求められている。いま教育現場のカウンセリング、学校カウンセリングの必要性が高まってきている。  学校カウンセリングとは、単純に言えば「学校で行われるカウンセリング」である。それは誰が行うのかというと、大部分が教師によって行われる。教師は、ある時はクラスの担任として学級を運営し、日常的な指導を行い、統制し管理しつつ、成績の評価をつける。その一方で、カウンセラー的役割を担い、子どもたちのさまざまな悩みや相談を汲み取って、受容し共感することによって問題の解決をはかることを求められている。いじめや不登校、学級崩壊などの問題への対応や予防のために
  • カウンセリング 子ども 教師 学校 心理 発達 社会 教育相談 生徒指導 問題
  • 550 販売中 2009/03/11
  • 閲覧(1,291)
  • 教育相談研究
  • ①「一般的なカウンセリングの意義・理論・方法について」  広い意味でのカウンセリングは、学術的な理論による裏付けがなく、相談を受ける個人の資質や経験によるところが大きかった。カウンセリングは専門的知識がなくても、その人に素質があり、人生経験が豊富であればだれにでもできると考えられる。  近代に入り、社会の構造が複雑化するに従い、人々の悩みも多岐にわたり、その相談内容も多様化し、単なる素質や経験だけでは対応できないようになってきた。そのため一定の知識や技術が要求されるようになり、今日一般に使われるカウンセリングという概念ができあがり、発展してきた。  カウンセリングの必要な人は、心理的に悩みを持つ人である。その悩みに答えることすなわち相談にのることがカウンセリングであり、具体的にはその悩みを聞き、どう対応するかを考え、最終的にはその悩みを解消するように働きかけることである。  カウンセリングという視点から、人の悩み、そしてそのカウンセリングの方法を分類する。 ①人生においてだれしもが持つ悩み  進路―キャリア・カウンセリング  恋愛・結婚―ピアー・カウンセリング(同僚や友人によるカウンセ
  • 科目最終試験 学習の要点のまとめ ノート
  • 1,100 販売中 2008/12/11
  • 閲覧(1,477)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?