【2018・2019年度】佛教大学 S0616 国語科教育法 レポート A判定

閲覧数1,329
ダウンロード数11
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/07/24 14:44
    • ページ数 : 9ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【設題】
    以下の2つの内容からなるリポートを作成すること。
     1)テキストの内容を踏まえ、国語科授業の計画と評価について論述しなさい。
     2)それに基づき、教科書教材『ごんぎつね(新美南吉)』の学習指導案を作成しなさい。 

    要点・キーワードを確実に記述しています。

    佛大のレポート作成講座にて説明があったポイントを確実に押さえております。(序論・本論・結論など)
    ※キーワードを記載していたとしても、論文形式で構成されていなければ、合格は難しいため。

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    シラバスの内容と差異がないかご確認の上、ご購入下さい。
    当資料を参考資料としてご購入頂ければ、学習時間がかなり短縮されるはずです!
    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    ※レポートの丸写しには厳しい処分が下されるようなので、参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    以下の2つの内容からなるリポートを作成すること。
    1)テキストの内容を踏まえ、国語科授業の計画と評価について論述しなさい。
    2)それに基づき、教科書教材『ごんぎつね(新美南吉)』の学習指導案を作成しなさい。
     国語科教育とは、日常生活に必要な基礎的な国語の能力を身に付け、各教科等で活用することが狙われており、全ての教科の基盤となる教科であるといえる。では、具体的に国語科の授業を実施する際には、どのような計画が立てられ、どのような評価が行われるのであろうか。
    (1章)言語活動の構想
     児童の言語活動を充実させるためには、児童の発達段階に応じて指導内容を重点的に指導するとともに、絶えず螺旋的・反復的に繰り返しながら学習し、能力の定着を図り、実際の日常生活とのかかわりを重視した指導をすることが重要である。そのために国語科の授業は、教科目標が毎時間の授業中の学習活動に具体化され細分化されて展開するという構造をもっている。
     また、思考力・判断力・表現力の育成においては、次のような観点から言語活動を充実させ、言葉の運用力の向上が目指されている。一つ目は、学習活動においては学習者の意欲や判断が重要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。