行政学レポート_政策形成

閲覧数1,847
ダウンロード数5
履歴確認

    • 最終修正日: 2008/01/21 17:59
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政学レポート
    論題①:官僚制における合理的な政策形成とは何か。
    1 官僚制における合理的な政策形成モデルとしては、まずインクリメンタリズムが挙げられる。
    これは、現実の政策決定は、継続的に少しずつ現状を変えていこうとするものであり、従来の
    政策の増加分として積み上げられていくものであるとする考え方である。
    確かに、事業や予算編成のインクリメンタリズムは、政策をめぐる環境が安定的で、政策目
    的についての合意が成り立ち、政策手段を支える技術が激変しないという状況下(すなわち、
    不確実性が低い状態)では、一定の合理性を持っているといえる。
    しかし、低成長下の財政危機や経済のグローバル化とI..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。