英語文学論1科目最終試験

閲覧数294
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    合格済み科目最終試験答案です。85点でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語文学論1
    ロマン主義時代とヴィクトリア朝期の文学について述べなさい。(3200 字程度)
    〈ロマン主義時代の文学〉
    1798 年、Wordsworthと Coleridge が Lyrical Ballads を世に出した年からイギリスのロマ
    ン主義の時代は始まる。ロマン主義の復興はふたたびみずみずしい自然に目を向け、理性
    よりは情熱や想像力を尊び、規則などにとらわれないのびやかな文学を奪い返したとされ
    ている。
    William Blake は英国ロマン派の第 1 世代と呼ばれる 1 人であった。1789 年に Songs of
    Innocence を執筆し、「生まれたまま」にもっとも近い状況、すなわち子供の無垢を称賛し
    た。しかし人間にとって経験は不可欠であることから 1794 年に Songs of Experience を著
    し、経験のあとに肯定されうる人間的価値に思いを凝らした。その後、彼の詩は神秘的思
    想の構築に向かい、個人の自由を可能にするはずの宇宙的な力への渇仰とともに、高次の
    調和への願望も高まっていく。1790 年の The Marriage of He..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。