【2018年度・2019年度】A評価 S8105 理科教育法Ⅱ リポート

閲覧数470
ダウンロード数8
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/08/14 16:54
    • ページ数 : 8ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2018年度のテキストを利用し、作成しました。

    経過措置設題にて2019年度に合格しました。

    他の4年制大学を卒業しております。リポートや卒業論文を書いてきましたので、リポート執筆の際のお手伝いができましたら幸いです。

    ※A評価と記載しておりますのは、大学からのフィードバックに全くマイナスな部分がなく評価をいただいたので、2018年度におけるA評価に相当するだろうと判断し、このように記載させていただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8105 理科教育法Ⅱ 第 1 設題
    (1)
    【第 1 設 題】 (2018 年 度 ・ 経過措 置 )
    ⑴ 子 ど も た ちが生 活して いる「 地域 の自然 」を教 材化する 必要性 を解
    説 せよ。 その 際に視 聴覚機 器・ 情報機 器を用 いる場 合の留 意点や 、観
    察 ・実験 時の 事故防 止につ いても 簡単に 言及 するこ と。
    ⑵ あ な た の 居住し ている 自然( 河川 )を教 材化し 、授業例 (授業 の展
    開 例)と して 示せ。
    1.理 科教育 の目 的
    人 間 の 学 名 はホモ ・サピ エンス とい い、知 性人、 英知人と いう意 味で
    あ るが 、理 科教育 をとお して 、育 てる知 性とは どのよ うなも のだろ うか 。
    子 どもは 自然 に働き かけ、 自然 からさ まざま な情報 を得て 自然を 認識
    し ていく 。し かし、 近年で は人工 物や 機器な ど の影 響によっ て、子 ども
    と 自然の 間に 立ちは だかる 自然で ない ものに 働きか けて、 そ こから 情報
    を 得てい ると いう現状がある。
    こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。