佛教大学通信 P6701 異文化理解 (西欧) 第1設題 C判定

閲覧数462
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/05/10 15:36
    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学の異文化理解  西欧(P6701)の第1設題のレポートであります。C判定でした。レポート作成の際に、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    EU 統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような
    貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっ
    とも基本的な目的と具体的は発展状況を要約して述べよ。
    EU は欧州連合であり、第二次世界大戦中のナチスドイツによる侵略を
    反省し、同じ過ちを繰り返さないという理念のもとに、経済や軍事面等
    で結することを理念として作られた。 EU 統合は 1947 年 にアメリカの
    トルーマン大統領が、ソ連の脅威が欧州に波及しそうなのを恐れ、「ト
    ルーマン・ドクトリン」をもとにして、「マーシャル・プラン (欧州復興
    計画)」が発表された。その後, EEC(欧州経済共同体)や EC(欧州共同体),
    単一通貨のユーロの導入等を経て、現在に至る。 2018 年 現在、28 か国
    が加盟している。マスメディアや書籍の EU に関する記事は、西川
    (1995) が述べているように, 「経済面」に関心と情報が行く傾向があ
    る。しかしながら、EU に関する発展とそれらの諸問題は、経済面だけ
    とは限らない。ここでは、EU 統合が、EU 圏内ないしは、世界の人た
    ちに貢献したかを述べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。