仏教大学 社会学入門 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数212
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    判定A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    講座コード : A6103 講座名 : 社会学入門 第 2 設題
    学籍番号 : 氏名 :
    A6103 社 会学 入門
    第 2 設題
    デ ュルケ ムの 「自 殺論 」につ いて
    デ ュルケ ムは 「自 殺論 」とい う本を 書いて いる。 今から 100 年 以 上も 前
    の 1897 年 の ことで ある。 現 在 で も 年々自 殺者が 増して きてい るが 、
    当 時の社 会で も自殺 が急増 し 自殺 が社 会問題 化して いたので ある。 何
    か の理由 によ り人は 自殺し 、そ の自 殺の理 由は人 それぞ れに 異なる 。 そ
    れ につい て、 周囲に 居たも のが容 易に 理解す ること はできな い。 それ
    は 自殺と は個 人的な 単独行 為なの であ る。 実 際 、 自殺の本 当の動 機に
    つ いては その 本人し かわか らない 。 ど ち ら にして も自殺と いうテ ーマ
    に ついて 社会 学にで は役に 立つは ずが ないと いうの が、ごく 一般的 な 常
    識 である とも いえる 。 だから社 会学 がもし 、仮に ひとつの 自殺に ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。