仏教大学 生活文化論 第2設題

閲覧数307
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/01/10 14:56
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    判定B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    講座コード : V0324 講座名 : 生活文化論 第 2 設題
    学籍番号 : 氏名 :
    (1)
    V0324 生 活 文 化論
    第 2設題
    「 消費者 の権 利」は 企業に よって 提示 された 商品を 買う(選 択)以 外に
    も 情報の 収集 やよい 商品を 企業に 働き かける 行動が 保障され るもの です 。
    「 消費者 の権 利」に ついて 内容 を確認 し、2010 年以 降に発 生した 消費 者
    問 題事例 を取 り上げ 問題点 につい て整理 しま しょう 。
    実 は国民 全て の人が 消費者なので ある 。 そ れ はス ーパーな どで商 品を
    販 売する 仕事 をして いる人 も経営 者も ものを 消費せ ずに生活 は出来 ない
    の である 場所 では消 費者と なるの であ る。 数 多 く の商品が あり、 同じ
    よ うなパ ッケ ージの 商品、 または 同 じ 性能の ものな ど、数え 切れな いほ
    ど の商品 が溢 れてい る今の 世の中 では 、売 り手と 買い手 の認 識の違 いや 、
    解 釈の違 いか ら様々 な売買 に関す る問 題がお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。