仏教大学 社会学入門 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数170
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    判定B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    講座コード : A6103 講座名 : 社会学入門 第 1 設題
    学籍番号 : 氏名 :
    A6103 社 会学 入門
    第 1 設題
    M.ウェー バー の「プロテ スタン ティ ズムの 倫理と 資本主 義の 精神 」に つい

    マ ックス・ウェー バーの 「プロテ スタン ティズ ムの倫 理と資 本主義 の精
    神 」を 語る前 に、 そもそ もマッ クス・ ウェ ーバー の基礎 知識 。 1864 年
    -1920 年 、 ド イツの 政治、 社会 、経済 の学者 である 。 弟 には社 会、 経
    済 の学者 のア ルフレ ート・ ウェー バー がいる 。 丸 山 眞男 や大塚 久雄
    や 川島武 宜な ど、多 くの日 本の社 会科 学系の 学者に 強い影響 を与え た 。
    こ の論文 は、 宗教倫 理から 生み出 され た世俗 内禁欲 が西洋近 代の資 本主
    義 を発展 させた要因であり 近代の 資本 主義の 成立を 論じてお り、資 本主
    義 と宗教 の関 係につ いての 議論で ある 。 普 通 の認 識からす れば、 資本
    主義社会と宗 教の関 係は私 欲や金 銭..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。