恐るべき子供たち

閲覧数1,350
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    主人公は四人の孤児たちです。
    彼らは父親がアルコール依存症で病死していたり、母親がコカイン中毒でガス自殺を
    していたりします。
    (ただし、四人のうち、姉弟であるのはエリザベートとポールの二人だけ。
    ポールの友人として絡んでくるジェラールと、後にやってくるアガートという少女は
    まったく偶然に知り合った孤児たちです)
     お話の始まった時点では、彼らの親代わりをしている人物は生きているのですが、
    お話が進むにつれて病死してしまうのです。
     たちまち生活苦にまきこまれてしまいそうなものですが、このお話では
    うまい具合に生活を助けてくれる人がいたり、遺産を相続することで奇跡的に裕福で
    自堕落な生活を続けてゆくことができてしまうのです。
     足の踏み場もないほどに、紙切れや本や汚れた下着類が山積みになった部屋で、
    子供たち(といっても十六歳から十四歳くらいなのですが)は無秩序な共同生活を送るのですが……。

     この「恐るべき子供たち」は、さらっと読むと
    ”ちょっと風変わりで、悲劇的な最後を迎えるお話”でしかありません。
     背表紙には「同性愛、盗み、虚偽、毒薬……無目的な混乱と不安定な精神が、
    やがて情熱へと発展し悲劇的な死にいたるまでの姿を、鋭利な刃物のような言葉で描く小説詩。」
     とありますが、かなり美しく結晶されたお話なので、思ったほど衝撃的ではありません。

     いったい、なにが恐ろしいかというと……。
     彼らの、いや、メインで活躍するポールとエリザベートの精神的な”病気”が怖いんですね。
     読んでいて、こっちまで病気になってしまいそうな感じになりました。
     どんなに必死で生きても、調子っぱずれでみずから悲劇をたぐりよせてしまうような、
    そんな「心の病」が伝染してきそうな小説なのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    主人公は四人の孤児たちです。
    彼らは父親がアルコール依存症で病死していたり、母親がコカイン中毒でガス自殺を
    していたりします。
    (ただし、四人のうち、姉弟であるのはエリザベートとポールの二人だけ。
    ポールの友人として絡んでくるジェラールと、後にやってくるアガートという少女は
    まったく偶然に知り合った孤児たちです)
     お話の始まった時点では、彼らの親代わりをしている人物は生きているのですが、
    お話が進むにつれて病死してしまうのです。
     たちまち生活苦にまきこまれてしまいそうなものですが、このお話では
    うまい具合に生活を助けてくれる人がいたり、遺産を相続することで奇跡的に裕福で
    自堕落な生活を続けてゆくことができてしまうのです。
     足の踏み場もないほどに、紙切れや本や汚れた下着類が山積みになった部屋で、
    子供たち(といっても十六歳から十四歳くらいなのですが)は無秩序な共同生活を送るのですが……。
     この「恐るべき子供たち」は、さらっと読むと
    ”ちょっと風変わりで、悲劇的な最後を迎えるお話”でしかありません。
     背表紙には「同性愛、盗み、虚偽、毒薬……無目的な混乱と不安定な精神が、
    やがて情..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。