代表キーワード :: 児童文学

資料:14件

  • ビリーバッドのテーマについて
  • ビリー・バッドのテーマについて  ◼はじめに  ハーマン・メルヴィルのビリー・バッドを学び、私はこの小説のテーマが「メ ルヴィルが抱く真理」であると考えた。ここではメルヴィルの真理観について 考えたことを以下のようにまとめる。  1, メルヴィルの生い立ち、思想の背景(バ..
  • 550 販売中 2021/11/17
  • 閲覧(696)
  • 児童文学1
  • 日本女子大学通信教育 課題リポート 児童文学
  • 880 販売中 2021/08/27
  • 閲覧(704)
  • 児童文学の手法
  • 資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。 (検索、露出及び販売にお役立ちます)
  • 770 販売中 2011/05/12
  • 閲覧(918)
  • 児童文学
  • 「荒野にネコは生きぬいて」を読んで 「大きな森の小さな家」を読んで 「我らが隣人の犯罪」を読んで 「忘れ川をこえた子どもたち」  「小さなスプーンおばさん」を読んで 「弟の戦争」を読んで
  • 550 販売中 2010/07/13
  • 閲覧(1,039)
  • 児童文学「赤ちゃん絵本」
  • おつきさまこんばんは 林明子(著)  暗い夜空に、三角屋根のおうちと2匹のネコの黒いシルエットが浮かんでいる。やがて屋根の上がぼうっと明るくなり、おつきさまがぽっかりと顔を出す。「おつきさま こんばんは」。おはなししようとやってきた雲に、ちょっとのあいだ隠されてし..
  • 550 販売中 2010/04/18
  • 閲覧(1,155)
  • 児童文学「人権絵本」
  • 「わたしのいもうと」 松谷みよ子(作) 味戸ケイコ(え)  ある町にひっこしてきたいもうとは、転校先の学校でいじめにあう。ことばがおかしいとわらわれ、跳び箱ができないとののしられ、いもうとが運んだきゅうしょくはだれもうけとってくれない。妹は体中につねられた跡があ..
  • 550 販売中 2010/04/18
  • 閲覧(1,282)
  • 児童文学「絵本のもつ意味」
  • 児童文学「絵本のもつ意味」  絵本を子どものものとしての面から捉えることが多いが、勿論、絵本は子どもだけのものではない。しかし、子ども、特に乳幼児期において絵本は欠くことのできないもので、主たる対象は子どもであることが多い。  絵本は子どもが最初に出会う本であり..
  • 550 販売中 2010/04/18
  • 閲覧(1,895)
  • 児童文学 グリム童話について
  • 童話は、子どもの想像力を刺激します。そして、話の中に入り込み、胸をドキドキ、ワクワクさせて聞き入るものです。幼児の情緒を豊かにするには、童話が必要です。私は、『白雪姫』が好きでした。この白雪姫は、ディズニーランドのアトラクションにもなり、知らない人はいないとい..
  • 550 販売中 2009/05/19
  • 閲覧(2,183)
  • 児童文学 赤い鳥運動を起こした鈴木三重吉について
  • 最近では、絵本のある子育てを…などと子どもたちと本の距離を近づけようと、さまざまな活動がなされています。それほど、本に親しむことは、教育において人格形成、情緒を穏やかにするなど良いことがたくさんあげられます。『世間の小さな人たちのために、芸術として真価ある純麗..
  • 550 販売中 2009/05/19
  • 閲覧(2,038)
  • 日本におけるAlice`s Adventures in Wonderland
  • Lewis Carrollの代表作Alice’s Adventures in Wonderlandは、日本でも知らないと言う人を探すほうが難しいほど有名な児童文学である。しかし日本では、Carrollが著した本来の物語の内容があまり知られていないという印象がぬぐえない。Punなどの遊び心に溢れ、イギリスの子供たち..
  • 550 販売中 2007/01/17
  • 閲覧(2,016)
  • 児童文学と絵本
  • はじめに 私たちが幼いころから当然のように読んできた「絵本」。おそらく、絵本が一冊もないという家庭は世界中を探してみてもほとんどないだろう。それほどありきたりとなっている絵本に、実はさまざまな奥深いことが凝縮されているということを、この「児童文学と心理学」の授..
  • 550 販売中 2006/07/30
  • 閲覧(2,299) コメント(1)
  • 「やまんばのにしき」を読んで
  • 私は、小さい頃から絵本に親しんできた。家にはたくさんの本があり、母がいつも読み聞かせてくれたのだ。そこで、絵本をテーマに取り上げることにした。  私の思い出の一冊は、『やまんばのにしき』(文 松谷みよ子、絵 瀬川康男)である。この本は、昭和42年に発行され、母が小..
  • 550 販売中 2006/01/29
  • 閲覧(2,432)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告