featherさんの資料 / タグ / 日本文学

資料:5件

  • 光の帝国「大きな引き出し」
  • この話は実際には存在しないような特別な力を持った「常野」の一族の話です。  「常野」の一族は皆、不思議な力を持っています。しかし彼等は、その力をあえて隠し、普通の人々に混じってひっそりと暮らし続ける。人とは違う能力を持ったことによって強いられる苦悩を、まだ小学生..
  • 550 販売中 2006/01/06
  • 閲覧(1,254)
  • 徒然草における吉田兼行の価値観
  • 徒然草を読み進めていくと、兼行の価値観が段々と分かってくる。兼行自身の価値観が論じられている段、欲を否定し論じている段、兼行が本当に価値を置いているものを論じた段など、価値観を論じている段は非常に多い。これらの段を要約し、キーワードだと私が考える三つの言葉と重..
  • 550 販売中 2006/01/06
  • 閲覧(4,011) コメント(1)
  • 「砂の女」と「李陵」の比較
  • 「砂の女」と「李陵」、この二つの話の最大の共通点、それは自分の知らない異郷に来てしまうという設定である。しかし、どちらの主人公も望んで異郷に来たわけではない。帰れない、逃げられないといった状況に追いこまれてしまうからである。不可抗力の元に主人公たちは新たな土地..
  • 550 販売中 2005/07/17
  • 閲覧(1,043)
  • 恐るべき子供たち
  • 主人公は四人の孤児たちです。 彼らは父親がアルコール依存症で病死していたり、母親がコカイン中毒でガス自殺を していたりします。 (ただし、四人のうち、姉弟であるのはエリザベートとポールの二人だけ。 ポールの友人として絡んでくるジェラールと、後にやってくるアガー..
  • 550 販売中 2005/07/17
  • 閲覧(1,477)
  • 午後の曳航
  • 13歳の主人公は自分が天才であること、世界はいくつかの単純な記号と決定で出来上っていること、父親や教師は存在自体が害悪であることを知っている。彼の父が他界して5年が経つが、母親は今、息子が抽出の小さな穴から盗み見ているともしらず、とある二等航海士との情事にふけ..
  • 550 販売中 2005/07/17
  • 閲覧(2,685) コメント(1)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?