グループタグ / テロ ( 4件 )

  • 93回薬剤師国家試験問131
  • 93回問131 非ステロイド性抗炎症薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 チアラミドは、主にシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することにより抗炎症、鎮痛、解熱作用を現す。 メロキシカムは、アスピリンと比較してCOX-2に対する選択性が高く、胃粘膜障害作用は弱い。 エトドラクは、COX-2と比較してCOX..
  • 全体公開 2009/06/07
  • 閲覧(677)  
  • 90回薬剤師国家試験問136
  • 90回問136   利尿薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 カンレノ酸カリウムは浸透圧利尿薬であり、低Na+血症を生じることがある。 トリアムテレンは、アルドステロン受容体に結合して利尿作用を示す。 ブメタニドは、ヘンレ係蹄上行脚のNa+-K+-2Cl-共輸送体の機能を抑制する。 トリクロルメチアジドは..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧(524)  
  • 89回薬剤師国家試験問133
  • 89回問133 利尿薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 ヒドロクロロチアジドは、近位尿細管で炭酸脱水酵素を阻害し、Na+及びK+の再吸収を促進する。 スピロノラクトンは、集合管におけるアルドステロンのNa+再吸収促進作用を抑制する。 D-マンニトールは、尿細管の管腔内浸透圧を上昇させ、Na+再吸収に影響..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧(530)  
  • 85回薬剤師国家試験問135
  • 85回問135 腎機能に影響する次の薬物の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 トリクロルメチアジドは、低K+血症、高尿酸血症、耐糖能低下などをもたらすことがある。 スピロノラクトンは、アルドステロン依存性のNa+-K+交換系を抑制し、利尿を起こす。 アセタゾラミドは、遠位尿細管に作用して、H+-K+交換系を抑制す..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧(761)