グループ資料 ( 72件 )

  • 85回薬剤師国家試験問135
  • 85回問135 腎機能に影響する次の薬物の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 トリクロルメチアジドは、低K+血症、高尿酸血症、耐糖能低下などをもたらすことがある。 スピロノラクトンは、アルドステロン依存性のNa+-K+交換系を抑制し、利尿を起こす。 アセタゾラミドは、遠位尿細管に作用して、H+-K+交換系を抑制す..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (820)
  • 87回薬剤師国家試験問2
  • 87回問2 原子の構造に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 殻において、主量子数がnの殻には電子がn2個まではいれる。 原子核は2種類の粒子からなるが、そのうち正電荷をもつものを陽子、電気的に中性なものを中性子とよび、陽子と中性子の重さはほとんど同じである。 方位量子数l=0の軌道は1個であるが、l=1の軌..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (1,019)
  • 87回薬剤師国家試験問70
  • 87回問70   脂質の栄養に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 牛脂は、大豆油に比べて飽和脂肪酸含有量が多い。 牛乳脂肪の脂肪酸組成の特徴は、炭素数10以下のものを含むことである。 油脂は、主にグリセロールと脂肪酸に分解されて吸収される。 日本人は、n-6系不飽和脂肪酸に比べて、n-3系不飽和脂肪酸の摂取..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (1,410)
  • 87回薬剤師国家試験問72
  • 87回問72   ビタミンとそれに関連する生体反応について、正しいものはどれか。 ビタミンB1   脂肪酸のβ酸化反応 ビタミンB6   ピルビン酸の酸化的脱炭酸反応 ビタミンB12   ブドウ糖の酸化反応 ビタミンC   コラーゲン合成におけるプロリンやリシンの水酸化反応 ニコチン酸   アミノ酸のアミノ基転移反応 ..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (1,088)
  • 87回薬剤師国家試験問87
  • 87回問87 酸性高温過マンガン酸法の概略を示す。これに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 試料にAgNO3溶液を加えたのち、H2SO4溶液を加えて、沈殿が生成するまでかくはんする。次いで、KMnO4溶液を加えて沸騰水浴中で加熱したのち、シュウ酸ナトリウム溶液を加えて脱色する。KMnO4溶液で微紅色が消えず..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (1,155)
  • 87回薬剤師国家試験問137
  • 87回問137   利尿薬の主な作用部位と利尿効力に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 フロセミドは、ヘンレループ上行脚に作用して強い利尿効果を発現する。 アセタゾラミドは、集合管に作用して中等度の利尿効果を発現する。 ヒドロクロロチアジドは、遠位尿細管に作用して中等度の利尿効果を発現する。 スピロノラクト..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (469)
  • 88回薬剤師国家試験問15
  • 88回問15 解離定数に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 pKaの値が小さいほど、酸性の強さは小さい。 pKbの値が大きいほど、塩基性の強さは大きい。 pKaの値は、解離している分子種と解離していない分子種が等モル量存在している溶液のpHに等しい。 25℃における弱電解質水溶液では、 pKa ×pKb=..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (1,681)
  • 88回薬剤師国家試験問136
  • 88回問136 フロセミドに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 主な作用点はヘンレ係蹄の太い下行脚である。 利尿効果はトリクロルメチアジドよりも強い。 Na+-K+-2Cl-共輸送系を促進する。 血漿レニン活性を上昇させることがある。 高尿酸血症を引き起こすことがある。   1(a,b,c) 2(a,b,e..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (441)
  • 89回薬剤師国家試験問20
  • 89回問20   図は塩橋を用いたダニエル電池を示す。この電池の酸化還元平衡は次式で表せる。     Cu2+ + Zn Cu + Zn2+ (1) また、Zn電極、Cu電極の標準電極電位(25℃)Eoはそれぞれ-0.763 V、0.337 Vである。次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 図の左側の電極では還..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (2,176)
  • 89回薬剤師国家試験問133
  • 89回問133 利尿薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 ヒドロクロロチアジドは、近位尿細管で炭酸脱水酵素を阻害し、Na+及びK+の再吸収を促進する。 スピロノラクトンは、集合管におけるアルドステロンのNa+再吸収促進作用を抑制する。 D-マンニトールは、尿細管の管腔内浸透圧を上昇させ、Na+再吸収に影響..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (609)
  • 90回薬剤師国家試験問63
  • 90回問63 ビタミンに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 パントテン酸は、ヒトでは腸内細菌によっても供給される。 ビタミンB12は、植物性食品中にはほとんど含まれていない。 ビタミンK2(メナキノン)は、植物の葉緑体で合成される。 レチノールの脂肪酸エステル体は、緑黄色野菜に多く含まれる。  1(a,b)..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (1,407)
  • 90回薬剤師国家試験問136
  • 90回問136   利尿薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 カンレノ酸カリウムは浸透圧利尿薬であり、低Na+血症を生じることがある。 トリアムテレンは、アルドステロン受容体に結合して利尿作用を示す。 ブメタニドは、ヘンレ係蹄上行脚のNa+-K+-2Cl-共輸送体の機能を抑制する。 トリクロルメチアジドは..
  • 全体公開 2009/03/22
  • 閲覧 (566)
  • 93回薬剤師国家試験問1
  • 93回問1 次の医薬品に含まれる基本骨格の構造に対する名称の正誤について、正しい組合せはどれか。 a b           c     キノリン         チアゾール      イミダゾール       d            e    ジベンゾアゼピン      ピリダジン 解説 4 × イソキノリン ○ ..
  • 全体公開 2009/03/16
  • 閲覧 (527)
  • 93回薬剤師国家試験問5
  • 93回問5 いす形配座で表される構造式A、B及びCに関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。      A          B         C BはAよりエネルギー的に安定である。 BはCよりエネルギー的に安定である。 BとCは同一の化合物である。 Aはtrans-1,2-ジメチルシクロヘキサンである。 ..
  • 全体公開 2009/03/16
  • 閲覧 (776)
  • 94回薬剤師国家試験問16
  • 94回問16 単位及び濃度に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 国際単位系(SI)は、基本単位と誘導(組立)単位で構成されている。 エネルギー、仕事、熱量のSI誘導(組立)単位は、J(N・m)である。 1ppmは、1g中に1×10-4gの成分が含まれていることを表している。 日本薬局方では、溶液の濃度を(..
  • 全体公開 2009/03/16
  • 閲覧 (1,005)