コーポレート・ガバナンスについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数743
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本アメリカ企業経営経済情報文化法律監査

    代表キーワード

    経済経営

    資料紹介

    日大通信 経営学メディア授業2012前期 合格対象分

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コーポレート・ガバナンスについて
    (1)コーポレート・ガバナンスの意味と重要性
     コーポレート・ガバナンスは「企業統治」と訳されるが、株主やさまざまはステークホルダー(利害関係者)との利害を調整することを意味している。いわば大規模株式会社においては、株主の利益に一致するよう経営者の行動を監視することである。
     経営者支配型企業では、経営者の地位の安定性を第一目的とすべく企業経営が偏り、経営者の経営意思決定が株主の利益と一致しない状態も発生しうる。たとえば、企業収益の中から配当金を減らし、内部留保への充当額を増大させること、また、経営陣が巨額の報酬を獲得することによって株主に不利益をもたらす状況も考えられる。
     経営と所有の支配が一体化したワンマン企業や、株式相互保有構造の下で経営者支配が確立している企業では、経営者が絶対的権力を保持する傾向にあり、経営者が暴走すると誰も止めることができなくなる。
     このような経営者の不正行為で企業が破綻するのを避けるため、コーポレート・ガバナンスは重要な機能を成している。さらにコンプライアンス(法令遵守)の観点からもコーポレート・ガバナンスの重要性が考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。