運転免許本免試験対策シート12

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数325
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 車から降りるとき、ドアを最初少し開けて、一度止めるのはほかの通行車両などへの合図にもなる。
    2. 踏切の向こう側が混雑しているため、そのまま進むと踏切内で動きがとれなくなるおそれがあるときは踏切に入ってはならない。
    3. 標識や標示により、直進や左折などの進行方向が指定されている交差点では指定された方向に進行しなければならない。
    4. 前方を走行している二輪車の運転者が左腕のひじを垂直に曲げている時は右に方向指示器を操作したのと同じ意味である。
    5. 二輪車の運転者は二輪上の構造上の特性を知り、手軽な乗り物だからといって気を許さず、常に慎重に運転することが大事である。
    6. AT車で下り坂を下るときは、チェンジレバーを2またはLに入れてエンジンブレーキを使用するとよい。
    7. 右左折するときの内輪差は車体が大きくなればなるほど大きくなる。
    8. 道路の中央線から左側の部分が工事中で通行できないときは右側部分にはみ出して通行することができる。
    9. 止まっている車の陰から人の飛び出しに備えるためには車の屋根や床下など注意深くみるとよい。
    10. 追い越しとは、車が進路を変えて進行中の前の車の前方にでることであり、複雑な運転操作を伴うので、追い越しはできるだけ避け、安全な速度で走るのがよい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運転免許 本免試験 対策シート 12
    以下は、答えが○のもの
    1. 車から降りるとき、ドアを最初少し開けて、一度止めるのはほかの通行
    車両などへの合図にもなる
    2. 踏切の向こう側が混雑しているため、そのまま進むと踏切内で動きがと
    れなくなるおそれがあるときは踏切に入ってはならない。
    3. 標識や標示により、直進や左折などの進行方向が指定されている交差点
    では指定された方向に進行しなければならない
    4. 前方を走行している二輪車の運転者が左腕のひじを垂直に曲げている
    時は右に方向指示器を操作したのと同じ意味である。
    5. 二輪車の運転者は二輪上の構造上の特性を知り、手軽な乗り物だか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。