心理学レポート 心理学は法学にどのように役立てられるか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,144
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学レポート 心理学は法学にどのように役立てられるか。
    1 心理学が法学に役立てられている顕著な例として、犯罪心理学を挙げることができる。
    犯罪心理学とは、犯罪に関する様々な問題について心理学的方法論を用いて研究し、そこで得られ
    た法則を司法や行政に応用していく学問分野をいう。
    犯罪心理学の対象としては、大別すると、犯罪原因論、捜査心理学、裁判心理学、矯正心理学、被
    害者心理学がある。以下、それぞれが法学にどのように役立てられるかを述べる。
    2⑴ 犯罪原因論
    誰が、いかなる原因で犯罪者となるのかという研究が犯罪原因論である。犯罪原因論の心理学的
    アプローチとして、例えば、両親の養育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。