イオンチャンネルについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数778
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    細胞膜内外の電位差、すなわち膜電位(membrane potential)は、細胞の内外の電荷分布によって決まる。電荷はK+,Cl-,Ca2+など小さな無機イオンがにない、神経細胞の膜を通って出入りする。ただし、これらの無機イオンが膜の脂質二重層を通過するには、膜の特別なタンパク質のチャンネルを通り抜けなければならない。このイオン・チャンネルの開閉で、膜内外の電荷分布は変化し、膜電位が変化する。このようにニュートロンのシグナルは、透過性が調節されているチャンネル、いわゆる“ゲートのある”チャンネル(gated channel)に依存している。
    最も重要なチャンネルは次の2種である。(1)電位型チャンネルとくにナトリウム・チャンネルは、電気的活動を開始させ、活動電位を神経細胞突起に沿って伝導させるのに、中心的役割を果たす。(2)リガンド型チャンネルは、細胞外の化学シグナルを電気シグナルに変換する働きをもち、シナプスの活動の中心的役割を果たす。これら2種のチャンネルは神経固有のものではなく、筋細胞など他の細胞にも存在し、同様の機能を果たしている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イオン・チャンネルについて
                        
    細胞膜内外の電位差、すなわち膜電位(membrane potential)は、細胞の内外の電荷分布によって決まる。電荷はK+,Cl-,Ca2+など小さな無機イオンがにない、神経細胞の膜を通って出入りする。ただし、これらの無機イオンが膜の脂質二重層を通過するには、膜の特別なタンパク質のチャンネルを通り抜けなければならない。このイオン・チャンネルの開閉で、膜内外の電荷分布は変化し、膜電位が変化する。このようにニュートロンのシグナルは、透過性が調節されているチャンネル、いわゆる“ゲートのある”チャンネル(gated channel)に依存している。最も重要なチャンネルは次の2種である。(1)電位型チャンネル     とくにナトリウム・チャンネルは、電気的活動を開始させ、活動電位を神経細胞突起に沿って伝導させるのに、中心的役割を果たす。(2)リガンド型チャンネルは、細胞外の化学シグナルを電気シグナルに変換する働きをもち、シナプスの活動の中心的役割を果たす。これら2種のチャンネルは神経固有のものではなく、筋細胞など他の細胞にも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。