代表キーワード :: 理工学

資料:704件

  • 屈折率
  • 1.実験目的  物質中では、光の波長によって屈折率が異なる。 この性質を利用したプリズムを用いて分光を行い、原子スペクトルを測定する。 2.実験操作  実験に使用する実験機器は、以下のとおりである。 水銀放電管 分光計 プリズム(石英ガラス クラウンガラス フリントガラス..
  • 540 販売中 2017/01/19
  • 閲覧(5,221)
  • 水蒸気蒸留
  • 水蒸気蒸留とは 沸点の高い物質に水蒸気を吹き込んで、その沸点よりも低い温度で留出させる蒸留法である。 蒸留物質と水蒸気の蒸気圧の和が全圧(大気圧下ならば大気圧)に等しくなったとき沸騰が起こるため、大気圧下で通常の沸点以下の温度で蒸留が行われる。 混合物から目的成分..
  • 540 販売中 2017/01/19
  • 閲覧(22,257)
  • 熱交換器
  • 温度効率は、さまざまな要因によって変化する。たとえば気温や管の素材、長さなどが挙げられる。理論的には100が望ましいが、これは先に述べたように一方の流体から見て他方の流量や伝熱面積が無限大、外部への熱の発散がない状態なので一般的な条件では作り出すことができない..
  • 540 販売中 2017/01/19
  • 閲覧(2,474)
  • 10.電極電位と電池
  • ダニエル電池 1.目的  と の電極電位を測定し、次にこれらの電極を組合わせてダニエル電池を作る。 この電池の起電力を測定し、電池の構造と原理を理解する。 2.器具・薬品  組立電池(300mlトールビーカー、亜鉛板、銅板、ガラス容器立て)、飽和甘コウ電極(比較電極)  U字..
  • 540 販売中 2011/07/12
  • 閲覧(1,224)
  • C1―臭化n-ブチル
  • 反応式 主反応  この一連の反応はSN2反応である. 結果 ・収集温度 100.0℃~100.6℃ ・収集量 54.38(三角フラスコの質量と収集量)-40.93(三角フラスコの質量)=13.45 [g] ・理論収集量 ・収率   考察 収集時の温度について考察した. まず,臭化n-ブチルの沸点は101.6である. ..
  • 540 販売中 2011/07/12
  • 閲覧(3,221)
  • C2―安息香酸メチル
  • 反応式 ・主反応 ・反応の詳細 1)カルボキシル基のプロトン化  2)メタノールによる攻撃 3)水の離脱  2.結果 ・収集温度 192℃から194℃ ・収集量 48.11(安息香酸メチルとフラスコの質量)-40.94(フラスコの質量)=7.17[g] ・理論収集量 [mol] つまり [mol] であるので,Ph-COOCH3..
  • 540 販売中 2011/07/12
  • 閲覧(1,157)
  • 06.マグネシウム当量
  • 目的 マグネシウムの当量を求める。同時に気体の基本的な法則、および化学反応の基本についての理解を深める。 理論 多くの金属は酸に溶かすと水素を発生する。 M + nH+ → Mn+ + H2↑ この発生する水素の体積から金属の当量を求めることができる。 アボガドロの法則 すべ..
  • 540 販売中 2011/07/11
  • 閲覧(3,359)
  • 04.酸化還元適定
  • 1.目的  ヨウ素-チオ硫酸ナトリウム酸化還元反応を利用したホルムアルデヒドの定量を行う。 2.原理 ホルムアルデヒド(HCHO)は、I2とNaOHとの反応から生じた次亜ヨウ素酸ナトリウム(NaIO)により酸化されてギ酸ナトリウム(HCOONa)となる。 2NaOH + I2 → NaI + NaIO + H2O ..
  • 540 販売中 2011/07/11
  • 閲覧(937)
  • 01.定性分析
  • 1 目的 陽イオン(Fe3+、Ni2+、Cr3+)を含む溶液について系統分析を行い、次にヒーター線の成分分析を行う。この実験により、金属元素の性質や無機反応に対する理解を深める。 2 理論 化学分析・・・物質に含まれる原子・原子団・分子などの種類と量を物理的・化学   的手段によ..
  • 540 販売中 2011/07/11
  • 閲覧(1,920)
  • 微生物を利njfgngf用したアミノ酸の生産
  • 1.目的  アミノ酸は食品、医薬品、化粧品その他多く分野で使用されている。アミノ酸が  現在のように安価に生産されるようになったのは、コリネ型細菌を用いるアミノ  酸発酵技術の確立があったためである。アミノ酸発酵の端緒となったのは自然界  から分離した微生物(Cotynebact..
  • 540 販売中 2011/07/11
  • 閲覧(441)
  • 半経験的分子軌道計算を用いた生体関連分子の電子状態に関する理論的考察
  • 1.目的  生物学的に興味のある現象について、その現象に関わる化学物質の構造や電子状態  などを量化学計算を用いて予測し、その現象の発生機構たその状態における分子  状態について考察する。 2.概要  近年、コンピューターの高速化および高性能化に伴い、量子化学計算は化学分..
  • 540 販売中 2011/07/11
  • 閲覧(528)
  • 俺半導体
  • 1.目的  まず、半導体の中で光がいかに吸収されるかを理解する。そのために半導体の 分光透過率を測定し、これをもとに吸収係数と光のエネルギーの関係を求める。 半導体の種類(直接遷移型、間接遷移型)により吸収の生じ方が異なるのはバンド構造の 相違を反映した結果であること..
  • 540 販売中 2011/07/11
  • 閲覧(493)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告