分散測定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数923
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    〔実験目的〕
    溶液中の拡散係数の測定−Taylor分散法の作動原理の理解、操作法の習得、拡散過程を理解する。
    〔実験操作〕
    1)Taylor分散法を用いて、水中で0.1wt%の尿素、グルコース、スクロース、ラフィノ−スの拡散係数を測定した。
    〔操作手順〕
    ?;Carrierの空気抜きをして、カラムに流し安定したあとpurge onにし、安定したあとpurge offにした。
    ?;溶液を約90分間隔で尿素は3本、グルコースは4本、スクロースは3本、ラフィノ−スは3本打ち込みをした。
    2)0.01M,0.02M,0.04M C14TABr溶液中で0.014M,       0.024M,0.044M C14TABrの拡散係数を測定した。
    〔操作手順〕
    ?;1)と同様にCarrierをカラムに流した。
    ?;0.014M TTABは4本、0.024M TTABは5本、0.044M TTABは4本それぞれ約90分間隔で打ち込みをした。
    〔実験結果〕
     1)で求めた拡散係数の値を(表−1)に、2)で求めた拡散係数の値を(表−2)に示す。
    (表−1)拡散係数
    物質(Carrier)      濃度         D / 10−9m2s−1
         尿素(H2O)         0.1wt%      1.168±0.013
    グルコース(H2O)    0.1wt%      0.620±0.079
    スクロース(H2O)    0.1wt%      0.490±0.005
    ラフィノ−ス(H2O)   0.1wt%      0.404±0.006
    (表−2)TTABの拡散係数
    TTABの濃度 (Carrierの濃度)        D / 10−9m2s−1
         0.014M(0.01M)      0.2289±0.0015
         0.024M(0.02M)      0.3526±0.0029
         0.044M(0.04M)      0.4489±0.0037

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    分散係数測定実験レポート
    〔実験目的〕
    溶液中の拡散係数の測定-Taylor分散法の作動原理の理解、操作法の習得、拡散過程を理解する。
    〔実験操作〕
    1)Taylor分散法を用いて、水中で0.1wt%の尿素、グルコース、スクロース、ラフィノ-スの拡散係数を測定した。
    〔操作手順〕
    Ⅰ;Carrierの空気抜きをして、カラムに流し安定したあとpurge onにし、安定したあとpurge offにした。
    Ⅱ;溶液を約90分間隔で尿素は3本、グルコースは4本、スクロースは3本、ラフィノ-スは3本打ち込みをした。
    2)0.01M,0.02M,0.04M C14TABr溶液中で0.014M,      ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。