アミノ酸およびタンパク質について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,057
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    タンパク質は細胞中に最も豊富に存在する有機分子である。それらは生体組織のあらゆる部分にみいだされ、生物学的に重要な化合物のうちでは最も多様な部類である。タンパク質はある一定の生物体の構造を本来の姿に保持しており、また、生命の機能を調節している酵素もタンパク質である。タンパク質の研究は、化学における境界がいかに人為的であるかを例証する。この巨大分子の性質や機能の完全な姿を把握するためには、有機化学、分析化学、無機化学、物理化学、および生化学的手法が必要である。
     アミノ酸はペプチドやタンパク質を構成する単位である。数多くの可能な構造のうち、タンパク質にとって重要なのはわずか20種のアミノ酸である。単純なアミノ酸からペプチドやタンパク質を実験室で合成するには、緻密な計画や高度な技術を必要とするが、生合成は化学合成の最も魅力的な例である。核酸の巨大分子が、生命過程を支配するタンパク質の合成を調節している。生物種の複製において核酸の遺伝情報が転写されていくのは、明らかに、化学的特異性の最も驚くべき例の一つである。

    【アミノ酸】
     すべてのアミノ酸に共通した特徴は、少なくとも一つのアミノ基と一つのカルボキシル基とを持つことである。これらの小さなニ官能性化合物の物理的あるいは化学的な性質には、塩基性官能基と酸性官能基との分子間および分子内相互作用がともに、重要な役割を演じている。アミノ酸に対する興味の多くは、ペプチドやタンパク質の構成要素としてのそれらの役割を理解するという方向へ向けられてきた。
     
    ・構造的な特色
    タンパク質を構成しているアミノ酸はα−アミノ酸であり、それらのアミノ基はカルボン酸のアルファー炭素(2位)に結合している。グリシン(α−アミノ酢酸)は基本アミノ酸と考えることができる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アミノ酸およびタンパク質について
    タンパク質は細胞中に最も豊富に存在する有機分子である。それらは生体組織のあらゆる部分にみいだされ、生物学的に重要な化合物のうちでは最も多様な部類である。タンパク質はある一定の生物体の構造を本来の姿に保持しており、また、生命の機能を調節している酵素もタンパク質である。タンパク質の研究は、化学における境界がいかに人為的であるかを例証する。この巨大分子の性質や機能の完全な姿を把握するためには、有機化学、分析化学、無機化学、物理化学、および生化学的手法が必要である。
     アミノ酸はペプチドやタンパク質を構成する単位である。数多くの可能な構造のうち、タンパク質にとって重要なのはわずか20種のアミノ酸である。単純なアミノ酸からペプチドやタンパク質を実験室で合成するには、緻密な計画や高度な技術を必要とするが、生合成は化学合成の最も魅力的な例である。核酸の巨大分子が、生命過程を支配するタンパク質の合成を調節している。生物種の複製において核酸の遺伝情報が転写されていくのは、明らかに、化学的特異性の最も驚くべき例の一つである。
    【アミノ酸】
     すべてのアミノ酸に共通した特徴..

    コメント1件

    hrkjt982 購入
    sugoi
    2007/06/15 12:34 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。