生殖医療における子どもの商品化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数655
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日の科学技術の発展は目覚しいものであり、それによって人々の生活は豊かに便利になった。しかし人間は満足することを知らない。こうして自然にはできるはずのないことまでもができるようになった。ある種の生殖医療はその好例である。つまり、本来子どもができない人の子どもが生まれることになった。このこと自体は不妊に悩む夫婦の悩みを解決するものとして有効であろう。だが、とどまることのない欲望によってよりよい子どもを求めたり、独身者や同性愛者が子どもをほしがったりするという問題が生じた。今挙げたことは技術的には可能なことであろうが、できることはすべて行ってよいことなのだろうか。そこで生殖医療の問題点―特に生まれてくる子どもの商品化の問題―について考えてみることにする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生殖医療における子どもの商品化について
      
    今日の科学技術の発展は目覚しいものであり、それによって人々の生活は豊かに便利になった。しかし人間は満足することを知らない。こうして自然にはできるはずのないことまでもができるようになった。ある種の生殖医療はその好例である。つまり、本来子どもができない人の子どもが生まれることになった。このこと自体は不妊に悩む夫婦の悩みを解決するものとして有効であろう。だが、とどまることのない欲望によってよりよい子どもを求めたり、独身者や同性愛者が子どもをほしがったりするという問題が生じた。今挙げたことは技術的には可能なことであろうが、できることはすべて行ってよいことな..

    コメント1件

    minkasu 購入
    時折わかりにくく文章が切れていたのが気にかかりました。
    2006/07/14 23:57 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。