ルソーの教育思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,953
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     16世紀に発生したフランスの自由主義教育思想は、キリスト教をアリストテレスやプラトンの哲学と結びつけて理論化しようとしたスコラ哲学に対する批判として生まれた。人間は理性によって教育され、正しい判断力をもって生活を営むことができるようにするとしたデカルトやフェヌロンのように教師は子供に対して欠点はなるべく指摘せず、好奇心を引き起こさせるために様々な機会を与える、といった自主性を尊重する教育が提唱されたのである。しかし、実際フランスでは新教の台頭に対抗した旧教のイエズス会が軍隊的組織を背景に訓育的な教育が相変わらず行われていた。18世紀には入るとルソーの登場で自由主義教育思想が復活した。子供の自発性を尊重するといった点ではフェヌロンやその源流となったモンテーニュの流れを汲むものであるが、教師の介入を極端に少なくした消極的教育が特徴である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     16世紀に発生したフランスの自由主義教育思想は、キリスト教をアリストテレスやプラトンの哲学と結びつけて理論化しようとしたスコラ哲学に対する批判として生まれた。人間は理性によって教育され、正しい判断力をもって生活を営むことができるようにするとしたデカルトやフェヌロンのように教師は子供に対して欠点はなるべく指摘せず、好奇心を引き起こさせるために様々な機会を与える、といった自主性を尊重する教育が提唱されたのである。しかし、実際フランスでは新教の台頭に対抗した旧教のイエズス会が軍隊的組織を背景に訓育的な教育が相変わらず行われていた。18世紀には入るとルソーの登場で自由主義教育思想が復活した。子供の自..

    コメント3件

    ble1160 購入
    参考にさせてもらいました
    2006/07/22 12:16 (10年4ヶ月前)

    stargatemax 購入
    good
    2007/02/04 4:20 (9年10ヶ月前)

    usi0375 購入
    ルソーの教育思想がとてもまとまっていて内容が参考になりました。
    2007/08/31 9:59 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。