直流機

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数3,318
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1 目的
     本実験では,直流分卷電動機の速度制御における,界磁電流や供給電圧と回転数との関係を調べる.また,直流分卷発電機の無負荷飽和曲線の測定をし,電圧確立について調べる.
    2 原理
    2.1 直流分卷電動機の速度制御
     電動機の回転数 は次式で表される.
                              (2.1)
     ここで, は供給電圧, は電機子抵抗, は電機子電流, は毎極の界磁束である. を界磁電流 に置き換えられるとすると,次のように表せる.
                              (2.2)
    2.2 直流分卷発電機の電圧確立
     自己励磁によって直流分卷発電機に発電機電圧が生じるのは,最初の状態で界磁巻線にわずかな残留磁気があるためである.この残留磁気により,電機子巻線にわずかな電圧が誘導され,電機子および界磁巻線の回路にわずかな電流が流れる.この電流が残留磁気を増加させる方向に流れると,誘導起電力は次第に増加し,さらに電流が増加する.図2.1の界磁抵抗降下曲線 と飽和曲線の交点Aに至って電圧は安定する.このようにして,次第に電流が増加し,発電機電圧が上昇する現象を  図2.1 自励発電機の電圧確立
    電圧の確立と呼ぶ.
    3 使用器具
     本実験で用いた装置を次に示す.
    直流電源,SEIKOSHA MFG. CO., LTD,DCS-5,430
    STARTING RESISTOR,SEIKOSHA MFG. CO., LTD,SR-2,2132
    STARTING RESISTOR,SEIKOSHA MFG. CO., LTD,STR,2134
    FIELD RHEOSTAT,SEIKOSHA MFG. CO., LTD,FRH-12,2133
    FIELD RHEOSTAT,SEIKOSHA MFG. CO., LTD,FRH-12,2134
    D.C.GENERATOR,SEIKOSHA MFG. CO., LTD,SS-1・2D,2135
    D.C.MOTOR,SEIKOSHA MFG. CO., LTD,SS-1・2D,2134
    4 実験方法
    4.1 界磁電流による速度制御
     まず,図4.1の電動機側の接続を行った.そして,クラッチははずれていて,S2は閉じており,界磁抵抗器Rfmの抵抗は最小である状態にした.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
     本実験では,直流分卷電動機の速度制御における,界磁電流や供給電圧と回転数との関係を調べる.また,直流分卷発電機の無負荷飽和曲線の測定をし,電圧確立について調べる.
    原理
    直流分卷電動機の速度制御
     電動機の回転数 は次式で表される.
    (2.1)
    ここで, は供給電圧, は電機子抵抗, は電機子電流, は毎極の界磁束である. を界磁電流 に置き換えられるとすると,次のように表せる.
    (2.2)
    直流分卷発電機の電圧確立
     自己励磁によって直流分卷発電機に発電機電圧が生じるのは,最初の状態で界磁巻線にわずかな残留磁気があるためである.この残留磁気により,電機子巻線にわずかな電圧が誘導され,電機子および界磁巻線の回路にわずかな電流が流れる.この電流が残留磁気を増加させる方向に流れると,誘導起電力は次第に増加し,さらに電流が増加する.図2.1の界磁抵抗降下曲線 と飽和曲線の交点Aに至って電圧は安定する.このようにして,次第に電流が増加し,発電機電圧が上昇する現象を 図2.1 自励発電機の電圧確立
    電圧の確立と呼ぶ.
    使用器具
     本実験で用いた装置を次に示す.
    直流電源,SEIKOSHA..

    コメント1件

    megane7777 購入
    50Pと安い価格で購入でき、内容も大変満足いくものでした。
    2006/10/29 0:27 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。