子ども理解をどうするか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数9,657
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「教育は子ども理解に始まり、子ども理解に終わる」といわれる程、授業や学級経営すべてにおいて基本となるのが子ども理解である。子どもを理解するために教師がしなければならないこと・必要なことについて下記に記す。
    ・いきなり子どもを理解しようとしても無理なことがほとんどである。まずは子どもが出しているサインや、サインを出せずに困っている子どもがいることに気づくことが大切である。子ども理解は始まるのである。そのために教師はたくさんの心のアンテナを張っておくことが必要。
    ・教師(人間)が児童(人間)を完全に理解することは不可能。分かることをしっかり受け止め、子どもと関わるなかで理解を深めていく
    ・日頃から児童に誠意をもって接し、なるべく多くの時間を共に過ごす。自分の目で耳で肌で感じる(=子どものことは子どもに聞け)中から
     ○信頼関係を作る
     ○感情を共有する→共感・共存の姿勢ことに繋げていく

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子ども理解をどうするか
    「教育は子ども理解に始まり、子ども理解に終わる」といわれる程、授業や学級経営すべてにおいて基本となるのが子ども理解である。子どもを理解するために教師がしなければならないこと・必要なことについて下記に記す。
    いきなり子どもを理解しようとしても無理なことがほとんどである。まずは子どもが出しているサインや、サインを出せずに困っている子どもがいることに気づくことが大切である。子ども理解は始まるのである。そのために教師はたくさんの心のアンテナを張っておくことが必要。
    教師(人間)が児童(人間)を完全に理解することは不可能。分かることをしっかり受け止め、子どもと関わるなかで理解を深..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。