日常の生活や遊びの中にみられる造形表現

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数712
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日常の生活や遊びの中にみられ造形表現・遊びの中から生まれてくるもの
    ・ そこから何が育つか
    ・ どう展開するか
    ・ 泥団子づくり:雨が降ったあとの、水溜りの底のどろどろの土がきっかけになったりする。「どうすればもっと美しい団子を作れるのか」など創意工夫する力や考える力が育つ。また、土の特性を五感を通して知ることができる。
    ・ 色水遊び:水溜りの濁った水や、木の実をつぶしたときに手が赤色に染まったのを見て、など様々なことをきっかけとして遊びが始まる。「これとこれを混ぜるとどんな色になるか」「○○の色を作るには何を混ぜればいいか」など創意工夫する力や、考える力、色彩感覚が育つ。「ジュ‐ス屋さんごっこ」や「おままごと」などの遊びに発展することも多い。
    ・ 稲妻を描く:雪、虹、入道雲、光と影稲妻などの自然現象は子どもの心を揺さぶる出来事であり、これらの体験は造形表現へとつながる。強く印象に残ったことを表そうとして思わず手が動く。このように自分の心が直接絵に表現されるとき、表現力を高めることにもつながる。
    ・ 水筒を並べる:クラスのみんなの水筒をまとめて置くとき、色別にまとめる、背の高い順に並べるなど友達同士で話し合いながら並べ方を工夫する。大小や量、色や形の認識を深めることができる。
    ・ 砂場での遊び:ままごと遊び、型抜き、山や川作りなど、多種多様な遊びが砂場では展開される。砂場は様々な友達と触れ合う場である。共に活動する中で、互いの意見の伝え方や協力して取り組む姿勢など、社会的な態度も自然に学びあい育て合っていく。子どもの様子を見て、バケツを置いておくなどのさりげない援助も大切である。
     上記ように日常の生活や遊びの中で、日常的に造形的な活動を行っている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日常の生活や遊びの中にみられ造形表現・遊びの中から生まれてくるもの
    そこから何が育つか
    どう展開するか
    泥団子づくり:雨が降ったあとの、水溜りの底のどろどろの土がきっかけになったりする。「どうすればもっと美しい団子を作れるのか」など創意工夫する力や考える力が育つ。また、土の特性を五感を通して知ることができる。
    色水遊び:水溜りの濁った水や、木の実をつぶしたときに手が赤色に染まったのを見て、など様々なことをきっかけとして遊びが始まる。「これとこれを混ぜるとどんな色になるか」「○○の色を作るには何を混ぜればいいか」など創意工夫する力や、考える力、色彩感覚が育つ。「ジュ‐ス屋さんごっこ」や「おままごと」などの遊びに発展することも多い。
    稲妻を描く:雪、虹、入道雲、光と影稲妻などの自然現象は子どもの心を揺さぶる出来事であり、これらの体験は造形表現へとつながる。強く印象に残ったことを表そうとして思わず手が動く。このように自分の心が直接絵に表現されるとき、表現力を高めることにもつながる。
    水筒を並べる:クラスのみんなの水筒をまとめて置くとき、色別にまとめる、背の高い順に並べるなど友達同士で話し合い..

    コメント2件

    dougane 購入
    簡潔でよい
    2006/06/06 11:44 (10年6ヶ月前)

    ikuiku13 購入
    解りやすく、具体的に述べられていたので、大変参考になりました。
    2006/06/20 15:30 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。