保育指導法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,418
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    保育における指導について
     保育における指導とは、子どもが自発的に環境にかかわりながら生み出される活動を通して、自己実現・自己拡大をしていくことを体験を共有しながら援助していくことである。
     環境を通して(環境にかかわりながら)の指導とは、子ども自らの思いやかかわりと、それに対応する保育者のねらいによりつくられていく。子どもと生活する中で、「共に学び、育つ人」としての意識をもって子どもと係わり環境をつくっていくことが、一人一人に応じた多様性をもつ「指導」として大きな意味をもってくる。
     保育には様々な方法(形態)があるが、それぞれの形態の特徴を理解して活用することが必要である。また、どの方法も保育を通し、絶えず見直し再発見していく動的なものであると考え、実践していく必要がある。
    子どもの求める環境
    安心して過ごせる環境
     信頼できる人、安心できる人がいて、安心できる物的環境があること。そしてそれらがただあるだけではなく、それらの醸し出す雰囲気が安心できるものであると、子どもは自分の力を出せるようになる。
    好きなことが存分にできる環境
     子どもは好きなことを繰り返し遊ぶ、また難しいことであってもしたいことには何度でも挑戦していく。そこで好きなことが存分にできる環境が必要となる。具体的には?必要なときに遊具の出し入れが自分でできる?遊びの続きを明日もできる?友達と一緒?イメージを広げて遊べる固定遊具?感動を先生や友達が受け止めてくれる?家庭などの生活を再現して遊ぶ、などである。
    達成動機、達成感が持てる環境
     子どもの「できるようになりたい」という発達動機の出発点は子どもの興味的衝動である。子ども自らが「できるようになりたい」と思い、それを遂行し満足感・達成感を得られるような適切な環境が必要。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保育指導法
    保育における指導について
     保育における指導とは、子どもが自発的に環境にかかわりながら生み出される活動を通して、自己実現・自己拡大をしていくことを体験を共有しながら援助していくことである。
     環境を通して(環境にかかわりながら)の指導とは、子ども自らの思いやかかわりと、それに対応する保育者のねらいによりつくられていく。子どもと生活する中で、「共に学び、育つ人」としての意識をもって子どもと係わり環境をつくっていくことが、一人一人に応じた多様性をもつ「指導」として大きな意味をもってくる。
     保育には様々な方法(形態)があるが、それぞれの形態の特徴を理解して活用することが必要である。また、どの方法も保育を通し、絶えず見直し再発見していく動的なものであると考え、実践していく必要がある。
    子どもの求める環境
    安心して過ごせる環境
     信頼できる人、安心できる人がいて、安心できる物的環境があること。そしてそれらがただあるだけではなく、それらの醸し出す雰囲気が安心できるものであると、子どもは自分の力を出せるようになる。
    好きなことが存分にできる環境
     子どもは好きなことを繰り返し遊ぶ、また..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。