家庭の変化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数756
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.わが国における家族の歴史的変移は規模の面からは「小家族化」へ構成の面からは「核家族化」へ向かう傾向をたどってきた。その要因について述べよ
     まず第一に高度経済成長における若者の都市への進出があげられる。産業構造の高度化により、第一産業の比重が下がり代わりに第二次、第三次産業の比重が高まるにつれ農村から都市へと若者が流出した。そしてその若者が都市で家族を持つことにより核家族が形成された。
     親と子、または夫婦により形成される核家族は小家族化の傾向が強い。また女性の社会進出、晩婚、晩産、子供への扶養や相続を願う意識の低下、経済不安などにより少子化が引き起こされ、小家族の大きなひとつの原因となっている。そのことが小家族化、核家族化の主要な要因として挙げられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭の変化
    1.わが国における家族の歴史的変移は規模の面からは「小家族化」へ構成の面からは「核家族化」へ向かう傾向をたどってきた。その要因について述べよ
    まず第一に高度経済成長における若者の都市への進出があげられる。産業構造の高度化により、第一産業の比重が下がり代わりに第二次、第三次産業の比重が高まるにつれ農村から都市へと若者が流出した。そしてその若者が都市で家族を持つことにより核家族が形成された。
     親と子、または夫婦により形成される核家族は小家族化の傾向が強い。また女性の社会進出、晩婚、晩産、子供への扶養や相続を願う意識の低下、経済不安などにより少子化が引き起こされ、小家族の大きなひとつの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。