ルソーの教育思想について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,139
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ルソーの教育思想について述べよ。」
     ヨーロッパの教育思想、とりわけフランスを見てみると、フランスの教育思想は16世紀に発生した。当時の教育思想は中世的スコラ哲学的性格で、精神を覚醒させるものではなく、たんなる知的習慣を形成したに過ぎなかった。文芸復興期には、スコラ哲学に対する反動が起こってきて、ラブレーとモンテーニュは、「学校と人間にもっと多くの自由と空気と生活を!」を共通の原理とし、スコラ哲学を批判した。このラブレーとモンテーニュの教育宣言以来、フランスの教育学思想は自由主義教育の旗印の下に結集したが、スコラ哲学は依然として健在であった。スコラ哲学の精神は、ムチによる体罰をともなう訓練の..

    コメント3件

    kerokerogaer 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/03/21 17:14 (9年8ヶ月前)

    michan824 購入
    わかりやすくて参考になりました(๑‿ฺ๑)
    2007/05/01 10:35 (9年7ヶ月前)

    booh 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/05/03 20:20 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。