ショック

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数853
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害組織血圧循環意識時間心臓呼吸看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ショック
    要因
    出血による循環血液量の低下
    術中の体温低下
    急激な体動
    激しい痛み期待される成果
    期待される成果
    安定した循環動態が維持できる
    達成期限
    術直後~48時間
    バイタルサイン(血圧低下,頻脈,脈の緊張の低下,呼吸促迫、低体温)
    尿量の減少
    チアノーゼ,四肢冷感
    意識レベル
    in-Outのバランス
    ECGモニターの観察
    創部のガーゼ汚染,経鼻胃管・腹腔ドレーンからの排液量、性状
    疼痛の有無
    心理面(緊張感、恐怖心)
    TP
    バイタルサインの異常時は医師に報告する
    水分出納の管理をする
    保温,室温の調整をする
    緊張感や恐怖心を持たせないように落ち着いた態度で接する
    EP
    患者や家族の不安..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。