日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす教育について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数369
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境日本アメリカレポート社会学校文化学習授業

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす教育について」
     教育というのは、知識を増やすだけではなく、人として必要なものを一つ一つ学習し学んでいく場である。その大きな場としてあげられるものが「学校教育」と呼ばれているものだ。家庭という社会グループに参加しながら基礎となる知識や国の文化、歴史を学び、そこから新しい世界を見出し、人として成長する。それ以外にも人としての関わり方などの対人関係を学んだり、多くの経験をして成長する場である。
     では、こういった教育が実際どのような形で行われているのか考えてみたい。日本とアメリカの教育内容やシステム、学習に対しても考え方など様々な視点から考えて、その違いからどのような教育がこれから求められるのか考えていきたい。
     日本の教育は、高学歴という部分にこだわる部分が大きい。進路の試験なども暗記などで各科目の暗記力競い合うような形だ。どれだけ内容を深く理解しているかよりも、1つでも多くの言葉や定義を暗記し、それを試験で書き、1点でも多くの点数を稼ぐことでどれだけ理解したかを測るものだ。そこにはそれぞれ個人がどんな学習状態だったのかや、興味や関心、その人しか持..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。