第99回薬剤師国家試験173問 解説

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数630
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    反復投与の『定常状態』について

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第 99 回薬剤師国家試験 問題 173
    1
    今回は経口・反復投与の問題だね。この経口・反復投与に限らず“投与する”
    という問題では、血中濃度のグラフを大雑把でもいいから書けるようになって
    おくことが重要だ。それがどんな投与法か聞かれた時、グラフがかけると理解
    がとても深まるからね。
    薬物 A の体内動態は線形 1-コンパートメントモデルに従い、血中消失半減期は 7 時間、
    分布容積は 20L である。この薬物 10mg を 5 時間ごとに繰り返し経口投与したところ、定
    常状態における平均血中濃度は 0.8μg/mLとなった。薬物 A の経口投与後のバイオアベイ
    ラビリティとして、最も近い値はどれか。1つ選べ。ただし、ln2=0.693 とする。
    1 0.1 2 0.2 3 0.4 4 0.6 5 0.8
    1.急速静注・単回投与
    2.経口・単回投与
    3.定速静注(点滴)
    Css
    定常状態
    第 99 回薬剤師国家試験 問題 173
    2
    今回はこの 5 番の“経口・反復投与”について聞かれているんだね。
    一定時間ごとにお薬を服用していくと、だんだんと血中濃度の高値..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。