デンプンの分離

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,207
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験分離特徴食品保存

    代表キーワード

    実験デンプンの分離

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    デンプンの分離
    目的 デンプンを多く含む食品からデンプンの分離を行なう。
    説明 デンプンは直径数umから数十mm程度の粒子で、水に不溶であり速やかに沈殿する。この性質を利用して多量のデンプンが分離され、食品産業や化工用として利用される。
       
    準備 おろし金、乳鉢、乳棒、さらし布、500mLビーカー、ロート、ろ紙、薬さじ、その他常用器具
    実験操作
    1.米デンプンの分離
      白米3gを乳鉢を用いて荒く砕き、0.3%水酸化ナトリウム溶液を10mL加えてしばらく放置し、粒子を膨張させた。
          ↓
       柔らかくなったら摩砕し、ビーカーに移した後、100mLの目盛まで蒸留水を加えてよくかき混ぜた。
          ↓
      2本の50mLスミロンチューブにデンプン懸濁液を約35mLずつ加えた(チューブの目盛)。
          ↓
    2.500rpmで2分間遠心分離を行なった。
        ↓
       上澄み液をデカンテーションで廃液用ビーカーに移した後、沈殿に対し蒸留水をチューブ目盛りで35mLまで加えた。
           ↓
       ガラス棒を用いて沈殿を完全に分散させた後、2.500rpmで2分間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。