刑事手続法第6回 接見交通と接見指定

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数379
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    刑事手続法第6回 接見交通と接見指定
    接見の問題は,常に,【最大判平11・3・24民集53-3-514】を基本とすることに異論はなさそうですが,最近は,各論に議論が移りつつあるようです。面会接見などは,良い例でしょう。接見設備や施設管理運営との関係でどうなるかも,考えてみて下さい。
    〔事例〕
     昨年4月2日,某市内の某スーパーマーケットにおいて2人組の万引き犯人が逃走中,警備員を殺傷するという重大事件が発生した。犯人はX及びYで,両名とも小型ナイフで抵抗した。Xは,駐車場内で警備員Vに追いつかれ,逮捕を免れようとしてその腕部に斬りつけて怪我をさせ,Yは,引き続き追跡してきた同僚の警備員Wの組み付かれたため,その腹部を刺して殺害したものであった。Vは怪我

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑事手続法第6回 接見交通と接見指定
    接見の問題は,常に,【最大判平11・3・24民集53-3-514】を基本とすることに異論はなさそうですが,最近は,各論に議論が移りつつあるようです。面会接見などは,良い例でしょう。接見設備や施設管理運営との関係でどうなるかも,考えてみて下さい。
    〔事例〕
     昨年4月2日,某市内の某スーパーマーケットにおいて2人組の万引き犯人が逃走中,警備員を殺傷するという重大事件が発生した。犯人はX及びYで,両名とも小型ナイフで抵抗した。Xは,駐車場内で警備員Vに追いつかれ,逮捕を免れようとしてその腕部に斬りつけて怪我をさせ,Yは,引き続き追跡してきた同僚の警備員Wの組み付かれたため,その腹部を刺して殺害したものであった。Vは怪我をしたにもかかわらず,通行人とともにXを取り押さえたが,Yはそのまま逃走してしまった。
     緊急通報を受けて駆け付けた警察官A及びBの両名は,V及びWを直ちに病院に搬送するよう手配するとともに,通行人らが取り押さえていた犯人Xの引渡しを受けてその身柄を確保し,さらに現場を保全するとともに,関係者から事情を聴取するなどした。なお,Vは命に別状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。