leftさんの資料 / フォルダ :: 刑事訴訟法ノート

資料:29件

  • 刑事手続法第14回 公訴
  • 刑事手続法第14回 公訴 〔問題1〕  次の各場合について,裁判所は,どのような判決をすれば良いか。 1 被告人Xは,高級パソコン1台を所持していたところを逮捕され,「B方からパソコン1台を窃取したものである。」として起訴された。Xは公判廷で「自分は盗んでいな
  • 1,100 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,472)
  • 刑事手続法第12回 伝聞とその例外
  • 刑事手続法第12回 伝聞とその例外 伝聞証拠(320):公判廷外の供述を内容とする証拠で供述内容の真実性を立証するためのもの 真実性←裁判所が確認するか、当事者が確認するか、で直接主義から当事者主義を採用した。   伝聞証拠は反対尋問権の保障があればOK
  • 1,100 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,694)
  • 刑事手続法第11回 証明と挙証責任
  • 刑事手続法第11回 証明と挙証責任    証明のあり方や挙証責任については,まさに訴訟法らしい部分です。 刑訴では政策的な判断の部分が少なくないのですが,ここはどちらかというと論理の部分と言って良いように思われます。その分,冷静に頭の体操ができると思います
  • 1,100 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,645)
  • 刑事手続法第10回 保釈と証拠開示
  • 刑事手続法第10回 保釈と証拠開示 特に,開示の問題は,公判前整理手続の採用によって,かなり大きく変わりつつありますので,少しフォローしておく必要があるように思います。理念的には,従来の判例の見解が変わった訳ではないのですが,運用面では,めざましく変わりつつあ
  • 1,100 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,721)
  • 刑事手続法第9回 訴因変更の可否等〔事前配布分〕
  • 刑事手続法第9回 訴因変更の可否等〔事前配布分〕  【課題】  授業当日配布する【問題】について,1時間で答案を作成し,引き続きこれについて議論を行う予定です。  事前配布する【参考問題】は,上訴関連部分を除き,当日の【問題】と類似していますので,予め検討し
  • 1,100 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,570)
  • 刑事手続法第8回 訴追の在り方等
  • 刑事手続法第8回 訴追の在り方等      訴因構成は,どこまで検察官の裁量が許されるのか,一罪の一部起訴との関係で実体法による限界をどう考えるべきかなどについて,考えてみて下さい。 【訴因特定の目的】①審判対象の特定 ②被告人の防御 【特定
  • 550 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,181)
  • 刑事手続法第7回 外事事件と国際捜査
  • 刑事手続法第7回 外事事件と国際捜査  外事犯罪ないし国際犯罪は,余りなじみがないかもしれませんが,実務上は重要な問題と考えられています。東京では,身柄事件の10件に2~3件位は外国人がらみの事件のようです。また,犯罪は難なく国境を超えていくのに対し,捜査は国
  • 1,100 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,165)
  • 刑事手続法第6回 接見交通と接見指定
  • 刑事手続法第6回 接見交通と接見指定 接見の問題は,常に,【最大判平11・3・24民集53-3-514】を基本とすることに異論はなさそうですが,最近は,各論に議論が移りつつあるようです。面会接見などは,良い例でしょう。接見設備や施設管理運営との関係でどうなるか
  • 1,100 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,148)
  • 刑事手続法第5回 強制採尿,血液・毛髪の採取等
  • 刑事手続法第5回 強制採尿,血液・毛髪の採取等 強制採尿については,【最決昭55・10・23刑集34-5-300】及び【最決平6・9・16刑集48-6-420】で実務は固まっていますが,本来どうあるべきかという問題は残されているように思われます。本当にそれで良
  • 1,100 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,740)
  • 刑事手続法第4回写真撮影と任意捜査の限界
  • 刑事手続法第3回写真撮影と任意捜査の限界 写真を手に入れる方法としては,①他機関から既存の写真を入手するか,②捜査機関が自ら撮影するかのいずれかが考えられますが,①の場合には,他機関が拒否できるか,拒否した場合にはどうするか,さらには,被撮影者のプライバシーを
  • 1,650 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,707)
  • 刑事手続法第3回 捜索・差押え
  • 刑事手続法第4回 捜索・差押え      〔課題〕  次の〔事例〕について手続法上の問題点を指摘するとともに,これに対する考え方を述べて下さい。  なお,余裕があれば〔関連問題〕も検討してみて下さい。 〔事例〕 1令状の発付  某警察署で
  • 550 販売中 2008/08/29
  • 閲覧(1,603)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?