哲学者

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,197
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    哲学と心理学はとても似ている。哲学を学ぶには心理学が必要とされ、また、心理学を学ぶにも哲学は必要である。そういった観点から、今回は有名な哲学者であるソクラテス・プラトン・アリストテレスについて調べた。
    ソクラテス
     「無知の知」「汝、自身を知れ」これはソクラテスのもっとも有名な言葉である。「無知の知」とはソクラテスが当時の賢人との対話を通し、自分の知識が完全ではない事に気がつく。言い換えれば無知である事を知っている点において、賢人と自認する相手より僅かに優れていると考えた。また知らない事を知っていると考えるよりも、知らない事は知らないと考える方が優れているとも考えた。ソクラテスは対話を通じて、相手の持つ考え方に疑問を投げかける「 問答法 」により哲学を展開した。その方法は、自分ではなく相手が知識を作り出すことを助けるということで、「産婆術」と呼ばれている。ソクラテスの用いた問答法は、相手の矛盾や行き詰まりを自覚させて、相手自身で真理を発見させた。そして賢人たちにもソクラテスは問答法を行った。賢人たちは自分の無知を露呈され、ソクラテスをひどく憎んだ。それが次第に大きくなり、ソクラテスは「国家が信じる神々とは異なる神々を信じ、若者を堕落させた」などの、ほぼ言いがかりのような理由で公開裁判にかけられた。ソクラテスは自身の弁明を行い、自説を曲げたり、自分の行為を反省したりすることを決してせず、追放も拒否し、結果的に 死刑 を言い渡される。ソクラテスの愛弟子であったプラトンは逃亡や亡命を勧めた。また、ソクラテスに同情する牢番もおり、彼はいつでも逃げることができた。しかし彼は断然と悪に立ち向かった。彼の中で、逃げることは悪に屈することであったのだろう。彼は断固としてプラトンの勧めを聞き入れなかった。そして毒入りの聖杯を自ら仰ぐのである。彼は、その聖杯に毒が入っていることは、もちろん承知であった。そして毒を飲む直前、プラトンや他の弟子に対し、「汝、自身を知れ」という遺言を残すのである。
    プラトン
     師匠が目の前で命を落としたとき、弟子プラトンは一体どんな想いだったのか。きっと想像もつかないほどの悲しみ、怒り、憎しみが込み上げてきたのだろう。そしてプラトンは師匠の仇をとることを決意するのである。プラトンは若い頃は政治家を目指していた。しかし当時の政治に幻滅を覚えた。当時の政治は「衆愚政治」で、ただの人気取りでしかないと批判した。師匠はその衆愚政治の犠牲者である。そしてプラトンは、政治は「賢人政治」でなくてはいけないと説いた。そのためにも教育が絶対必要であるとした。そうして著書「国家」のなかで「洞窟の比喩」を説いた。また、プラトンは目に見える「現実界」と、そのもとになる、完全にして真実の世界「イデア界」の二つにわける「イデア論」を展開した。そのためプラトンは、「経験主義」のように、人間の感覚や経験を基盤に据えた思想を否定した。それは、感覚は不完全であるため、正しい認識に至ることができないためである。つまり、人間は生まれたときから現実界と、イデア界を持ち合わせ、そのバランスにより様々なことを感じるのだと考えたのである。経験主義の生まれたときは白紙の状態であり、様々な経験をすることにより、自分の知識となり、自分を形成するという考えを真っ向から否定している。プラトンはそういった教えを広く説くために、学園アカデメイアを設立した。アカデメイアでは天文学、生物学、数学、政治学、哲学などが教えられた。そこでは対話が重んじられ、教師と生徒の問答によって教育が行われた。弟子にあたる

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    哲学と心理学はとても似ている。哲学を学ぶには心理学が必要とされ、また、心理学を学ぶにも哲学は必要である。そういった観点から、今回は有名な哲学者であるソクラテス・プラトン・アリストテレスについて調べた。
    ソクラテス
     「無知の知」「汝、自身を知れ」これはソクラテスのもっとも有名な言葉である。「無知の知」とはソクラテスが当時の賢人との対話を通し、自分の知識が完全ではない事に気がつく。言い換えれば無知である事を知っている点において、賢人と自認する相手より僅かに優れていると考えた。また知らない事を知っていると考えるよりも、知らない事は知らないと考える方が優れているとも考えた。ソクラテスは対話を通じて、相手の持つ考え方に疑問を投げかける「 問答法 」により哲学を展開した。その方法は、自分ではなく相手が知識を作り出すことを助けるということで、「産婆術」と呼ばれている。ソクラテスの用いた問答法は、相手の矛盾や行き詰まりを自覚させて、相手自身で真理を発見させた。そして賢人たちにもソクラテスは問答法を行った。賢人たちは自分の無知を露呈され、ソクラテスをひどく憎んだ。それが次第に大きくなり、ソクラテスは「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。