憲法論文答案練習裁判所 裁判所の規則制定権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数177
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法論文答案練習 裁判所
    ~裁判所の規則制定権~
    【問題】
     法律と裁判所規則との関係について説明せよ。
    【考え方】
    ・・・法律と裁判所規則との関係
      → 1.法律は裁判所規則の所管事項について定めることはできるのか
        2.定めることができるとして、両者が矛盾抵触する場合どちらが優先されるか
     ・1について
      1)肯定説
       …憲41条が国会の唯一の立法機関であるとしていること、憲法は、31条、40条、64条2項、76条1項等、司法に関する諸事項を法律事項としていること等を根拠として、これを全面的に肯定する見解。
    2)否定説
       …司法権の独立を強調し、全面的に否定する見解
      3)折衷説
       …規則事項とされているものの性格によって分類し、裁判所の内部規律事項および司法事務処理事項は裁判所の独立に直接関わるので、法律で定めることは許されないが、それ以外の事項については法律で定めうるとする見解。
    ・2について
     → 1.において一部でも肯定すれば、法律と裁判所規則の優劣が問題となる余地がある。
     
     ⅰ)法律優位説
      …憲41条が国会を唯一の立法機関であると定めている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。