資料:41件

  • 判例 民事再生法~不正な方法~
  • 研究判例:最決平成20年3月13日   ~再生計画案が不正な方法により成立した場合~ -イントロダクション-  本件では、再生債務者側の者が再生計画案の議決権を回収可能性のない債権の買取り・一部譲渡によって取得した結果、多数となって再生計画案が可決された。その行為..
  • 全体公開 2010/08/29
  • 閲覧(370)
  • 判例 金融機関に対する文書提出命令
  • 研究判例:最決平成19年12月11日(民集61巻9号3364頁~) ~金融機関と取引明細表の文書提出命令~ Ⅰ 始めに 今回の判例も近年立て続けに出てきた文書提出命令に関する判例の一つである。今判例では、金融機関の取引明細表が文書提出命令の対象となり、基本事件と..
  • 全体公開 2009/11/18
  • 閲覧(846)
  • 刑事訴訟法候補問題解答案4
  • 刑事訴訟法 候補問題解答案④        ~一時不再理効の客観的範囲~ 確定判決の一事不再理効とは、同一事件について再訴を許すまいとする効力である。 一事不再理効の根拠は、内容的効力説、公訴権消滅説、二重の危険説がある。内容的効力説は、審判の対象を訴因とした場合に公..
  • 540 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(450)
  • 日銀ES
  • 日銀 日本銀行を就職希望先として選んだ理由について述べてください。 (400文字以内)  私はもともと民間の大手金融機関の就職を希望していました。そんな中、日本銀行についてのお話を伺いました。その際に日本銀行の重要性、つまり、そもそもお金を安心して使えるようにする..
  • 540 販売中 2009/05/11
  • 閲覧(2,230)
  • 三井住友銀行 entry sheet
  • 三井住友バンク ■学生時代に打ち込んだこと■  [1] あなたが学生時代にもっとも打ち込んだことを簡潔に入力して下さい。 (30字以内) 私が最も打ち込んだことは、民事手続法ゼミの活動です。 [2] [1]の他にあなたが学生時代に打ち込んだことがあれば、簡潔に入力して下さい。..
  • 540 販売中 2009/05/11
  • 閲覧(500)
  • 境界確定訴訟
  • 民事訴訟法・境界確定訴訟 テーマ:「原告の主張する境界線を越えて境界を定めることが出来るか」 1 問題提起  境界確定訴訟において、原告は特定の境界線を主張し、それに基づいて裁判所が境界線を定めることになるが、境界線が証明されない場合でも請求棄却にすることは許されず..
  • 540 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(1,240)
  • 民訴・一部請求・既判力
  • テーマ:「一部請求と訴訟物の範囲」 1 問題提起  可分的な債権の一部に関して訴訟をした後、残りの部分についての訴訟をすることが許されるか、というのが今回の問題となる。訴訟物が既判力の客観的範囲の基準となるため、訴訟物の範囲が関係してくる。 2 諸説について  一部請..
  • 540 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(1,354)
  • 証明妨害
  • 民事手続法 テーマ:「証明妨害」について 1 問題の所在  証明責任を負う当事者にとって、自己の主張に必要な証拠方法の入手が相手方の作為・不作為によって不可能もしくは困難となり、その結果主張する事実の証明に失敗した場合、事実認定において当事者双方の利益をどうするか、..
  • 540 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(854)
  • 選択的併合
  • テーマ:「選択的併合」概念の必要性 1 選択的併合に関する議論  「選択的併合」とは、数個の請求のうちいずれか1個の請求が認容されることを、他の請求についての訴えの申立ての解除条件とする併合形態のことである。  雉本は、原告の便宜・裁判の迅速化の観点から「選択的併合..
  • 540 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(2,316)
  • 判例 破産管財人の善管注意義務
  • 民事手続法判例 研究判例・・・最判H18・12・21(→ 2つの事件)    ~破産管財人の善管注意義務~ -裁判所の判断- ○ 事件Ⅰ(第276号事件 質権者から債権回収の委託を受けたX1のYに対する訴え)  事件Ⅰでは、①旧破産法164条(85条?)の善管注意義務違反による損害賠償の成否..
  • 648 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(1,832)
  • 裁判員制度についての感想
  • 裁判員制度についての感想                    裁判員制度とは、一般市民の社会常識を裁判に反映させるために、一定の重大事件について国民に刑事裁判への参加を義務付けるものである。しかし、裁判員制度にはいくつかの問題点が存在する。  第一に、刑事事件における事実認定..
  • 540 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(3,085)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?