いじめ問題の国際比較

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数482
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ※課題3 いじめの原因を、国際比較し、自分なりに検討しなさい。
    まず、アメリカにおけるいじめについて論じていきたい。アメリカにおいて、いじめの被害経験を持つ子どもの数は日本とさほど変わらないと言われるが、その内容や質には大きな違いがある。アメリカにおけるいじめの定義は、①期間が長期間にわたるものであり、②被害側と加害側に力の不均衡が存在するものであるとされている。身体への攻撃など直接的なものから、悪口を浴びせるなどの間接的なものまで含まれると認識されているが、陰湿なものの報告例が少なく、顕在化していない部分も大きいと思われる。
     アメリカの特質は、社会問題といじめが深く関わり合っているところである。たとえば、親から体罰や虐待を受けている子どもは、他者への攻撃性を身に付けることが多く、いじめの加害者になることが多い。他にも、私立学校より公立学校でいじめが多いというデータは経済的に低水準の家庭、または、教育に対する関心の薄い家庭の子どもがいじめとの関わりを持ちやすいことを示しているし、小規模な学校よりも大規模な学校では、管理が行き届いていない状況下でいじめが発生しやすいことを示している。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。