2 比喩について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数122
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    国語文法指導法教師

    代表キーワード

    国語比喩

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ※課題 比喩について述べなさい。
     まず最初に、比喩は、主に二つの目的を果たしている。一つは、聞き手に強い印象を与えるという「強調」であり、もう一つは、わかりにくいものについて、身近なものに置き換えて具体性を持たせるという「例示」である。つまり、相手に自己の意見を伝える上で有効な機能であると言える。
     喩えるものと喩えられるものの間が離れていれば離れているほど、強調の色彩は強まるが、その分わかりやすさは薄まってしまう。逆に、喩えるものと喩えられるものの間が近いほど、わかりやすい一方で強調効果は薄れてしまう。このバランスをいかにとって、人の意表をつくわかりやすい例を使用するかが比喩のポイントとなる。
     比喩は、直喩と呼ばれる手法と隠喩と呼ばれる手法に大別できる。そこで、まずは、直喩について説明したい。
     直喩は、「のよう」「みたい」「まるで」「さながら」といったように、喩えであることを指示する語句を介して、ふたつの事柄を比較・対照するものである。なおかつ、ふたつの事柄は意味の観点から見てある程度離れており、常識的には結びつかないものである必要がある。喩えであることを指示する語句をつけるだ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。