課題4ニュージーランドとアメリカの開発の歴史

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数372
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ※課題4 ニュージーランドとアメリカの開発の歴史、民族構成、政治経済状況について共通点と相違点を比較しつつ説明しなさい。
     
     まず最初に、両国の開発初期には、両国共通する特徴が見て取れる。ニュージーランドとアメリカではそれぞれ「マオリ、ネイティブアメリカン」という先住民をもち、彼らは独自の文化を築いて社会生活をおくっていたが、どちらもイギリス系移民の流入で破壊されている。両国の社会の基盤を築いたのも、同じイギリス系アングロサクソンであることから、英語が公用語であることはもちろん、文化的に類似点も多いと私は考える。しかし、まだ現在のニュージーランドでは、まだマオリ語でのニュースや会話が残っている事は留意したい。開発の過程の中で、ニュージーランドでは先住民とイギリス政府の間にワインタンギ条約が結ばれていたもののイギリス側の一方的な抑圧な政策であったため、結果としてうまく機能しなかったにせよ、土地と文化についての合意が公式になされた歴史がある。それに対してアメリカでは、「開発」という利権の名のもとに一方的に先住民たちを殺戮し植民地にしていった。独立の際しても、ニュージーランドでは第一次世界..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。