課題1知能と創造性の概念について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数337
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育心理学校

    代表キーワード

    教育心理

    資料紹介

    まとめにくい教育関係のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●課題1 知能と創造性の概念について、両者の違いが明確になるように丁寧に説明しなさい。                               教育心理学
     まず最初に知能という概念について論じていきたい。知能と一般に言う場合には、学習能力や、思考能力、適応能力、また、それらをすべて含めた「総合的な精神的能力などを指す」場合が多いが、その定義は様々である。たとえば、「ヘッブ」は、知能を2つの側面から定義した。まず第一の知能とは、「経験とまったく関係のない脳の生得的機能」であるとしている。この定義は、測定可能な経験に基ずく知能と、測定が不可能なその基礎を切り離して考えているところが特徴的である。他にも「知能検査によって測定されたものを知能とする説」もある。しかし、知能検査の結果は実際の知的行動に必ずしも結びすくものではないことから、妥当とは言えない。様々な定義の中で、知能を包括的に言い表していると考えられるのが「ヴェックスラーの定義」であり、「知能とは、個人が目的に向かって行動し、合理的に思考し、環境に効果的に対処する総合的・全体的能力である」としている。具体的には、知能を適応の観点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。