太平天国がどのような社会を建設しようとしたのか、述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数260
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    アジア史模範解答

    代表キーワード

    アジア史

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ●課題2 太平天国がどのような社会を建設しようとしたのか、述べなさい
    まず初めに、太平天国の乱がおこる以前、中国は「アヘン戦争」での敗北から莫大な金額の補償金をイギリスに支払い、低関税に守られたヨーロッパ製品が国内に多く流入する状態であった。これらによって中国国民の生活は打撃を受け、度重なる税の取り立てを受けたほか、競争に敗れた(手工業者)や(商人)らは次々と失業していく有様であった。こうした事態になったにもかかわらず、清政府は具体的な対策を講じることはなかったため、民衆の中から次第に闘争運動が起こりつつあった。太平天国の乱は、そうした運動の中でも最も大規模なものであった。そして、その中核にあった太平天国の指導者となったのは(洪秀全)という人物である。彼はある日、夢の中で老人から正しい信仰を普及せよというお告げを聞いたとされ、そのお告げがキリスト教の伝道書の内容と近似していたことから、老人の正体をエホバとキリストであると考えたのであった。このことから洪秀全は、自らを「エホバの子・キリストの弟」と名乗り、(拝上帝会)を創設してキリスト教の布教活動を始めるのであった。 まず、洪秀全が広め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。