課題4西洋史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数202
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    西洋史概論

    代表キーワード

    西洋史概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●(課題4)帝国時代のイギリスの国内事情と植民地政策について述べよ。
     まず初めに、
    まず初めに、1873年にウィーンで勃発した経済危機が長い低成長の時代にはいり、世界的な産業構造は変化していった。その中でもイギリスは、原料供給地及び市場としての植民地の存在、清教徒革命・名誉革命による社会・経済的な環境整備、蓄積された資本と資金調達が容易な環境、および農業革命によってもたらされた労働力が「産業革命」を引き起こした。政治においては、選挙法の改正にともない大多数の労働者や市民を無視した腐敗選挙は、政治への参加や勤労者の不満は(チャーチル運動)に発展し、その後政党化が進みホイッグ党とトーリー党は、選挙法改正で満足した資産家・中産階級を味方にしてチャーティズムを押さえこれを鎮圧した。ホィッグ党は中産階級の急進派と連合して「自由党」となり、農業や土地に基礎をおいた貴族の党であったトーリー党は穀物法をめぐる闘争で敗れ、ピールの指導により「保守党」として近代化した。1846年には穀物法が、1849年には航海法が廃止され産業資本家が求める自由貿易が実現し、政治闘争を中心にイギリス議会政治が発展した。有..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。