モレーン地形の地形的特徴と古地理的意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,651
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●(課題1) モレーン地形の地形的特徴と古地理的意義 1600字
    モレーン地形とは、氷河によって形成される地形の一つであり、岩壁の崩壊や雪崩によってもたらされた岩屑が、氷河の表面や内部にもたらされ、氷河が融解するにつれて堆積して、巨大な角礫、砂、シルトが混じり合った堤防上の地形を示したものである。
     モレーン地形には、その出来方によっていくつか種類があり、氷河との位置関係によって、ティルの堆積によって氷河の前面にできるものを前面モレーン、同様のものが側面にできるものを側方モレーン、氷河の末端部に形成されるターミナルモレーン、複数の氷河の合流部およびその下流部に形成されるメディアルモレーン、氷河の後退に伴ってティルが平らなシート状に堆積したものを氷底モレーンなどにわけられる。また、氷河が後退時に断続的な停止と後退を繰り返して連続的に形成されたものをリセッショナルモレーンと呼ぶ。他にも、前面に多量のティルを堆積させた氷河の後退によって、リッジを持つモレーンが形成されるなど、モレーンの形状は多種多様であると言える。
     氷河が後退するときに、融解して発生した水がモレーンにせき止められ溜まると氷..

    コメント1件

    houta 非購入
    貴方の回答を読んだ時、一番設題に率直に答えていると思いました。
    とても参考になります。
    2014/04/17 6:39 (2年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。