【外国史】新青年の思想的役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数210
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●(課題4)雑誌「新青年」が果たした役割について述べなさい。
    まず最初に(辛亥革命後)中国では共和制による政治が期待されたが、実際の政局はそうした動きを見せず、「袁世凱」が国民の自由を抑圧する反動政治を強行していた。若い知識人はそうした政治に不満を抱えると共に新たな行動を求めていた。また、清朝末期からの近代教育の成果もあり、政治に関心を示す青年層も急増していた。そうした背景のもとに、民主・科学をスローガンとした雑誌『新青年』は創刊され、多くの知識人や学生に受け入れられた。
     『新青年』の主要な主張は、古い思想や文化、道徳、習慣といったものを唾棄し、個人の独立・解放を目指そうと言うもので、社会の新陳代謝を促すものであった。このような(倫理革命)は、口語体・国民文学・写実文学・社会文学による(文学革命)とあいまって、中国の青年知識人に大きな影響を与えることとなった。その影響規模は、全盛期に1万5千部もの発行部数を誇ったことからもうかがい知ることができる。また、『新青年』の論客たちは、大学改革真っ只中の北京大学で学生たちに講義することで、優秀な学生の間での思想の裾野を広げていった。
     『新青..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。