特別活動④

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数106
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●生徒の将来の進路の適切な選択決定にかかわる諸注意とその具体的な進め方を実践的に記述せよ
     中学校の学習指導要領を見てみると、学級活動の項目において、「将来の生き方と進路の適切な選択に関すること」という記述が見られる。したがって、学級活動においては、生徒の将来の進路選択を支援する活動が行われる必要がある。具体的には、進路適正の吟味と進路情報の活用、望ましい職業観・勤労観の形成、主体的な進路の選択と将来設計を生徒が可能とするものなどである。なお、ここでいう進路の適切な選択とは、進学指導や進学校の選択だけを意味しているのではなく、就職という選択肢を含めつつ、より幅広い意味で考えられる必要がある。
     それでは、具体的にどのように進路指導を行っていくべきであろうか。まず、進路指導は、進路選択間近の3年生だけに行うのではなく、入学したばかりの1年生の時点から行われるべきである。それは、早期に自分の将来を考えることで、より自分に適した進路を見出すことができること、また、「進路=進学」という固定観念をあらかじめ作らないためにも重要なことである。中学生の大半が高校へ進学し、高校生の半数程度が進学をする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。