S8102教育心理学1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数192
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児 童期、青年期において社会的認知( 社会性の発達、対
    人関係( 親・仲間)) の拡がり、自己意識などがどのよう
    に変化するかをまとめよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8102 教育心理学1 第1設題
    (1)
    児 童 期 、 青 年 期 に お い て 社 会 的 認 知 ( 社 会 性 の 発 達 、 対
    人 関 係( 親 ・ 仲 間 ))の 拡 が り 、自 己 意 識 な ど が ど の よ う
    に 変 化 す る か を ま と め よ 。
    Ⅰ . 児 童 期
    ( 1 ) 仲 間 関 係 の 広 が り
    就 学 と と も に 学 校 と い う 新 し い 生 活 空 間 を 得 た こ と に
    よ っ て 、 子 ど も の 対 人 関 係 は 大 き く 変 化 す る 。 初 め て 学
    校 に 足 を 踏 み 入 れ た 子 ど も は 、 大 規 模 な 集 団 に 驚 き 、 上
    級 生 の 存 在 を 脅 威 に 感 じ る か も し れ な い 。 ま た 、 学 級 で
    は 教 師 の 行 動 や 態 度 に 同 調 し た り 、 集 団 規 範 に 従 う こ と
    や 何 ら か の 役 割 を 果 た す こ と が 求 め ら れ る 。 こ う し た 新
    し い 体 験 か ら の 不 安 を 解..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。