イオンクロマトグラフィーによる陰イオンの分析 評価:優

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数425
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    A イオンクロマトグラフィーによる陰イオンの分析
    実験目的
    陰イオン交換カラムを用いたイオンクロマトグラフィーは試料中の陰イオンがOH-と交換される、カラムと結合したイオンの樹脂との結合の教示弱によって溶出時間に差が生じ、分離される。
    このイオンクロマトグラフィーにより水道水、池水中に含まれる陰イオンについて検出を行う。
    実験装置
    HPLC用高圧ポンプ、試料注入バブル、陰イオン交換カラム、電気伝導検出器、記録計
    実験方法
     フローチャートに示した方法とほとんど同じであるが、若干違う操作とフローチャートに示していない操作がありそれを述べる。
     陰イオン混合標準溶液の濃度は20ppmと変更した。
     陰イオン混合標準溶液は最初1000ppmの溶液をつくり、それを希釈していくことで目的の濃度の標準溶液を作製した。
     検量線を作成するために調整する陰イオンの混合溶液の濃度は、5ppmであり、0、5、20ppmの陰イオン混合溶液について測定し、そこから検量線を求めることになった。
    実験結果
    陰イオン標準溶液の濃度
    表‐1 陰イオン標準溶液の実際の濃度
    (1000ppmの溶液を100倍希釈して10p..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。